colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

長崎で移動販売を行う、
日本一オシャレなおとうふ屋さん
〈ゴチソイ〉

コロカルニュース

posted:2019.6.24  from:長崎県島原市  genre:食・グルメ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Saki Ikuta

生田早紀

いくた・さき●インディペンデントな広告会社『ココホレジャパン』の新米アシスタント。生まれも育ちもド田舎の27歳。やばい芋ねえちゃんとして青春時代を過ごす。その野暮さは現在も健在! さりげなく韻を踏むことが生業です。

長崎に住んでてよかった、〈ゴチソイ〉が気軽に食べられるから

ピーっ、プーっと響くラッパの音といえば、
どこか昔懐かしいイメージのあるおとうふの移動販売。

そんな「おとうふの移動販売」のイメージからはかけ離れ、
ひときわ異彩を放っているおとうふ屋さん〈ゴチソイ〉はご存知でしょうか。

〈ゴチソイ〉では多種多様な大豆加工製品をつくっている。

〈ゴチソイ〉では多種多様な大豆加工製品をつくっています。

〈ゴチソイ〉は素朴な印象のあるおとうふをオシャレにブランディングし、
長崎県内を中心に新しい感性で人気を集めています。
おとうふのほか〈マル・デ・生チョコ〉などのスイーツや、
〈畑のからあげ〉などのおそうざいも販売。
アイデアあふれる全26種もの商品は、どれも試してみたくなるものばかりです。

「リッチなおとうふ」税込500円。ギフトや手土産にも喜ばれる。

〈リッチなおとうふ〉税込500円。ギフトや手土産にも喜ばれそうです。

おとうふで人気なのは、瓶入りの〈リッチなおとうふ〉。
厳選した国産の大豆をブレンドしており、
口に入れるとなめらかでとろけるような食感に驚きます。
おとうふの中で約85%もの割合を占める水には、
雲仙普賢岳の麓にある島原の湧き水を採用。
軟水を使っているからこそ、このおいしさを実現できたのです。

「おとうふのたれ」税込500円。おとうふ以外にも相性ばつぐん。

〈おとうふのたれ〉税込500円。おとうふ以外にも相性ばつぐん。

おとうふを買うならぜひ一緒にオススメしたいのが〈おとうふのたれ〉。
〈ゴチソイ〉と佐賀県の〈丸秀醤油〉が、
1年にもおよぶ試作を繰り返してやっと完成させた逸品です。
長崎名産の「あごだし」と「椿油」を隠し味に加えたまろやかな味わいで、
リピーターの多い人気商品となっています。

〈マル・デ・生チョコ〉税込500円。なんとチョコと生クリームは不使用。とうふを70%使用しており、カロリーは控えめ。「ちゃんと生チョコの味がするのに罪悪感はゼロ」な、甘い物好きには最高のスイーツ。

〈マル・デ・生チョコ〉税込500円。なんとチョコと生クリームは不使用。とうふを70%使用しており、カロリーは控えめ。「ちゃんと生チョコの味がするのに罪悪感はゼロ」な、甘い物好きには最高のスイーツ。

〈イソフラボーノ Coffee〉税込350円。朝搾りの豆乳にコーヒーゼリーとジュレを合わせたドリンク。一般的な豆乳の濃度は6%程度だが、〈ゴチソイ〉の豆乳は15%と高濃度。濃厚で甘みがあるので、豆乳が苦手な人にもおすすめ。抹茶味(税込350円)もあり。

〈イソフラボーノ Coffee〉税込350円。朝搾りの豆乳にコーヒーゼリーとジュレを合わせたドリンク。一般的な豆乳の濃度は6%程度ですが、〈ゴチソイ〉の豆乳は15%と高濃度。濃厚で甘みがあるので、豆乳が苦手な人にもおすすめ。抹茶味(税込350円)もあり。

〈うわさの納豆〉1パック税込300円。連日完売続きの人気商品。稀少な在来種の大豆「秘伝」を使用。この大豆は無農薬なのでお子さんにも安心。

〈うわさの納豆〉1パック税込300円。連日完売続きの人気商品。稀少な在来種の大豆「秘伝」を使用。この大豆は無農薬なのでお子さんにも安心。

〈ゴチソイ〉が手がける商品の約9割は自社製造で、
すべて手作業でていねいに仕上げています。
おとうふ、スイーツ、おそうざい、そのどれもが卵や乳製品、小麦粉を使わずにつくられているそうです。

次のページ

Page 2

なぜ大豆をテーマに、そして移動販売にこだわるのか

商品開発部のみなさん。〈ゴチソイ〉のメンバーは若い女性が多い。子育て中の方も多く、「子どもが食べられるか」という安全性も重視しています。

商品開発部のみなさん。〈ゴチソイ〉のメンバーは若い女性が多い。子育て中の方も多く、「子どもが食べられるか」という安全性も重視しています。

「大豆でつくるごちそう」をテーマにしている〈ゴチソイ〉は、
長崎県島原市の会社〈島原食品〉が手がけるプロジェクト。
豆腐マイスターの資格を持つメンバーを中心に、
付加価値のある大豆加工製品づくりに取り組んでいます。

そもそも〈ゴチソイ〉がはじまった背景には、
「豆腐の安売り」「大豆加工製品の食卓出現率の減少」という問題がありました。
つくり手が思いをこめていいものをつくってもなかなか消費者に伝わらない、
そんな状況を変えられたらと始まったプロジェクトなのです。

「おとうふは白くて四角いものでなくてもいい」
「木綿か絹かの基準だけでなく、好みの風味や食感でおとうふを選んでもいい」
「おとうふだって、日常食の域を超えて嗜好品になることができる」
新たな尺度を根づかせることが、
おとうふ、ひいては大豆加工製品の価値の向上につながると考えています。

移動販売員の3名。左から順に、「次郎」こと松田健太郎さん、「太郎」こと林田侑大さん、「志郎」こと小川大貴さん。〈ゴチソイ〉製品のおいしさを伝えるだけでなく、時にはお客様の悩みを聞いたり恋愛相談にのることもあるそう。

移動販売員の3名。左から順に、「次郎」こと松田健太郎さん、「太郎」こと林田侑大さん、「志郎」こと小川大貴さん。〈ゴチソイ〉製品のおいしさを伝えるだけでなく、時にはお客様の悩みを聞いたり恋愛相談にのることもあるそう。

そして〈ゴチソイ〉が実店舗での販売や卸売りはせず、
移動販売とイベント出店のみにこだわるのは、お客様に直接商品のおいしさを伝えたいから。
長崎県内の島原市、諫早市、長崎市、大村市などを中心に訪問しています。

大豆加工製品だけでなく、結果として長崎に住むことの価値をも上げている。
そんな移動販売のおとうふ屋さんが、島原にはあります。

information

map

GOCHISOY 
ゴチソイ

会社名:島原食品

会社所在地:長崎県島原市大手原町甲2141-24

電話番号:0957-62-0421

移動販売エリア:長崎県内(島原、雲仙、南島原、諫早、大村、長崎、佐世保) ※当日の販売場所については、公式WEBサイトでご確認ください。

WEB:ゴチソイ

イベント出店:大丸(福岡天神店)に期間限定で出店中(7月9日まで)

Feature  これまでの注目&特集記事