colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

日本の「ものづくり」「手仕事」の
映像作品を募集中!
〈ニッポンものづくりフィルムアワード〉

コロカルニュース

posted:2019.6.4  from:全国  genre:ものづくり

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

日本が誇る職人の、手仕事、地方の文化、伝統工芸を、
“動画”というメディアを使い、記録として次世代へ残している〈ニッポン手仕事図鑑〉
ただ記録を残すことだけが目的ではなく、動画をきっかけに
職人の新たなビジネスの発展につながることを願い、活動する彼ら。

これまでに70本近い動画を制作し、
美しい映像は、観る人々の心に訴えかけ、さまざまな出合いを創出してきました。

そのニッポン手仕事図鑑の新たなアクションとして開催される
〈ニッポンものづくりフィルムアワード〉。
日本の「ものづくり」「手仕事」の魅力に迫った
ドキュメンタリー映像を募集しています!

手仕事の映像。

今回のアワードの狙いはふたつ。

日本の多くのつくり手にフォーカスを当て、
日本が誇る文化や技術の魅力を届ける映像が発信されることで、
日本のものづくりの販路開拓はもちろん、後継者の発掘にもつなげること。

そして、高い技術と情熱を持ちながらも、
その才能を発揮できるチャンスをなかなか掴めていない
日本全国の映像クリエイターに、機会を提供すること。

“旧”と“新”の両技術に光を当てるこのアワード、
なんともすてきで、有意義な取り組みではないでしょうか!

手仕事の映像

今回のアワードの審査員は、
『暮しの手帖』の前編集長でありエッセイストの松浦弥太郎さん、
朝の情報番組キャスターなど、マルチな活躍をみせるタレントの加藤浩次さん、
『NHKスペシャル』『しあわせのパン』など、話題作品の監督を手がける三島有紀子さん、
『情熱大陸』などを手がけてきたプロデューサーの福岡元啓さんなど、
各業界の第一線で活躍しているプロフェッショナルが審査を担当。

グランプリに選ばれたクリエイターには、賞金授与のほか、
TOKYO MXの地上波にて映像を放送、
雑誌『TURNS』にインタビュー記事を掲載するなど、
超豪華な特典が用意されています!

「明日の“後継者”をつくる」をテーマに、
あなたが残していきたい日本の文化を、ぜひ映像にして応募してみませんか?

次のページ

Page 2

ニッポンものづくりフィルムアワード 開催概要

日本の「ものづくり」「手仕事」にフォーカスした
ドキュメンタリー映像を募集しています。

【作品テーマ】
「明日の“後継者”をつくる」

【応募資格】
不問。年齢・国籍・プロ・アマ・個人・グループは問いません。
※18歳未満の方は、保護者の同意を得た上で応募してください。

【応募締切】
2019年8月31日(土)23:59まで

【映像について】
動画の尺は10分以内。(10分を超えるものは審査対象外)
使用機材は問いません。
応募数の制限はありません。
他のコンクールで受賞していないこと、商業公開していないことが条件となります。

【審査員】
松浦弥太郎(エッセイスト)、加藤浩次(タレント)、三島有紀子(映画監督)、福岡元啓(プロデューサー)、岡本俊太郎(〈VOOK〉代表)、堀口正裕(〈TURNS〉プロデューサー)、大牧圭吾(動画メディア〈ニッポン手仕事図鑑〉編集長)、(敬称略・順不同)

【賞および商品】
・グランプリ:賞金30万円+TOKYO MX(地上波)で放映+サプライズ特典+雑誌『TURNS』にインタビュー記事掲載
・入賞:賞金10万円+副賞
・学生賞:賞金10万円+副賞
・特別賞:賞金5万円+副賞

【グランプリ映像は、地上波で放映!】
グランプリに輝いた作品は、『TOKYO MX(地上波)』で放映!
映像クリエイターとその作品が、広く認知されるチャンスを創出します。

【表彰式について】
2019年9月25日(水)、歴史と伝統あるホテル雅叙園東京で、受賞作の表彰式を行います。
審査員、報道関係者、株式会社ニッポン手仕事図鑑を招いてのパーティーや、
受賞作やスペシャル映像の上映なども予定。

詳しい募集要項、応募はこちら

information

map

ニッポンものづくりフィルムアワード

会社:株式会社ニッポン手仕事図鑑

住所:東京都中央区日本橋人形町2-14-10 アーバンネット日本橋ビル 1F

TEL:03-6805-3095(平日10:00〜19:00)

Web:https://nippon-teshigoto.jp/award2019

メール:info@nippon-teshigoto.jp

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ

    Recommend