colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

岡山〈SETOUCHI TRAIN〉
鈴木マサル氏とコラボした
ラッピング列車が運行中!

コロカルニュース

posted:2019.5.6  from:岡山県  genre:旅行

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Saki Ikuta

生田早紀

いくた・さき●インディペンデントな広告会社『ココホレジャパン』の新米アシスタント。生まれも育ちもド田舎の27歳。やばい芋ねえちゃんとして青春時代を過ごす。その野暮さは現在も健在! さりげなく韻を踏むことが生業です。

写真提供:JR西日本

瀬戸内国際芸術祭に合わせて利用したい! 思いっきり“映える”列車

さわやかな水色が際立つラッピング列車
〈SETOUCHI TRAIN〉(以下、せとうちトレイン)にはもう乗りましたか!?

▲3月13日から運行スタート。テキスタイルデザイナーの鈴木マサルさん(右)。写真提供:JR西日本

3月13日から運行スタート。テキスタイルデザイナーの鈴木マサルさん(右)。写真提供:JR西日本

走っているのをふと見かけたら、
瀬戸内海の穏やかな海と多島美の間を走る白い列車のイラストレーションに
きっと惹きつけられる〈せとうちトレイン〉。
〈マリメッコ〉や〈ムーミン〉のデザインなど、
世界的に活躍しているテキスタイルデザイナーの鈴木マサルさんが
イラストレーションを手がけました。

▲運行区間は東は姫路、西は三原まで。北上するなら倉敷から伯備線で新見まで。南下する場合は瀬戸大橋線の児島まで。写真提供:JR西日本

運行区間は東は姫路、西は三原まで。北上するなら倉敷から伯備線で新見まで。南下する場合は瀬戸大橋線の児島まで。写真提供:JR西日本

観光列車ではなく在来線の列車なので、
通勤・通学など日常のなかで乗り合わせることができるのも嬉しい! 
区間は岡山を中心にさまざまなエリアを走りますが、そのシフトは状況によって変わるため
「いつ、どこを走るのか」ギリギリまでわからないとのこと。
だからこそ、〈せとうちトレイン〉に遭遇できたら超ラッキー。
思わず探したくなってしまう楽しみもあります。

▲〈せとうちトレイン〉を景色と一緒に撮るなら尾道がおすすめ。写真提供:JR西日本

〈せとうちトレイン〉を景色と一緒に撮るなら尾道がおすすめ。写真提供:JR西日本

そして今年は、間を挟みながら
春、夏、秋と11月ごろまで瀬戸内国際芸術祭が開催されるスペシャルイヤー。
岡山や香川を訪れる観光客のみなさんにもぜひ、
せとうちトレインを見つけて楽しんでほしいです。

なぜ〈せとうちトレイン〉ができたのだろう?

▲岡山県の瀬戸内市では刀づくりが盛ん。写真提供:JR西日本

岡山県の瀬戸内市では刀づくりが盛ん。写真提供:JR西日本

〈せとうちトレイン〉は、
JR西日本岡山支社が取り組む〈ふるさとおこしプロジェクト〉の一環として誕生しました。
ポップでかわいいラッピングで沿線を盛り上げるだけでなく、
列車内を情報発信のスペースとして活用し、せとうちの魅力を伝える役割もあります。

▲岡山駅構内おみやげ店舗のショッピングバッグなども鈴木マサルさんが手がけた。写真提供:JR西日本

岡山駅構内おみやげ店舗のショッピングバッグなども鈴木マサルさんが手がけました。写真提供:JR西日本

動物や自然などをテーマに、
世代や国を超えて親しみを持てるデザインを生み出す鈴木マサルさん。
JR西日本の担当者が「みんなが共感できるデザインでまちを元気に。
自分の地域を誇れるようなきっかけづくりができれば」と考えたとき、
まさに鈴木さんのイラストレーションが
〈せとうちトレイン〉のイメージにぴったりと当てはまったそう。

宇野みなと線や赤穂線、福塩線など、
〈せとうちトレイン〉の運行期間は3年後の2022年3月頃までの予定。
これからの夏の季節は、水色の車体がよりいっそう綺麗に映えるはず。
印象的なかわいさでハッとする列車に出会って、
岡山で過ごした思い出がもっと色濃いものになれば嬉しいです。

information

map

SETOUCHI TRAIN 
せとうちトレイン

運行期間:2019年3月13日〜2022年3月ごろまでの予定

運行区間:山陽線(姫路~岡山~三原)、伯備線(岡山~新見)、赤穂線(播州赤穂~岡山)、瀬戸大橋線(岡山~児島)、宇野みなと線(岡山~宇野)、福塩線(福山~府中)

問い合わせ:JR西日本 岡山支社

Web:せとうちトレイン

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ

    Recommend