colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

益子焼の新ブランド
〈BOTE&SUTTO ボテ&スット〉が
深澤直人さんディレクションで誕生

コロカルニュース

posted:2019.1.12  from:栃木県益子町  genre:ものづくり / アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

焼き物の町、栃木県の益子から新しいブランド
〈BOTE&SUTTO(ボテ&スット)〉が生まれました。
ディレクターの深澤直人さんと益子町、作陶家たちが一緒に作り込んでいった、
“ボテっとしたもの”と、“スッとしたもの”、計36種類の器たちです。

BOTE ティーポット

BOTE ティーポット(9,000円)

益子町では現在、400ほどの窯元や作家が活動しています。
陶器市の時期は賑わいを見せるものの、2011年の震災以降、
来県者数が減少しているという問題を抱えています。

BOTE 飯椀

BOTE 飯椀(2,500円)

そこで2016年、益子町は復活プロジェクトを立ち上げ、
デザイナーの深澤直人さんをまちづくりアドバイザーに迎えました。

深澤さんがまず考えたのは、
「益子焼とはどういうものを益子焼と言うのだろうか」
ということ。

この疑問から、深澤さんと益子町と〈濱田窯〉〈清窯〉〈道祖土和田窯〉の
3つの窯元が参加して誕生したのが〈BOTE&SUTTO〉です。

SUTTO プレート

SUTTO プレート(5サイズ)1,000円~

〈BOTE&SUTTO〉はその名前の通り、
ぼてっと丸みを帯びた形と、すっとラインの通った形の2タイプを展開。
益子で使われている主な7色の釉薬のうち、
一番益子の定番と感じる黒と並白の2色を用いること、
益子の土を使うこと、型を使わないこと、器の幅、
といったガイドラインを設定し、それに沿って、
3つの窯元が腕を振っています。もちろんすべて手づくりです。

次のページ
トークイベントを開催!

Page 2

SUTTO ボウル

SUTTO ボウルM(ボウルは3サイズ、1,200円~)

この〈BOTE&SUTTO〉が販売されるのは、
東京・ミッドタウンの〈イデーショップ 六本木店〉にて。
2019年1月25日(金)からとなります。

初日の1月25日には、発売を記念してトークイベントが開催されます。
出演は深澤直人さん、益子町長・大塚朋之さん、
〈濱田窯〉〈清窯〉〈道祖土和田窯〉の
濱田友緒さん、大塚一弘さん、塚本倫行さん。
時間は18:30〜21:00、入場無料、予約不要です。
詳細はイデーショップ公式サイトにて。

information

map

BOTE&SUTTO Mashiko Pottery Japan

期間:2019年1月25日(金)~2月11日(月)

会場:イデーショップ 六本木店

住所:東京都港区赤坂9-7-4 D-0316 東京ミッドタウン Galleria 3F

営業時間:11:00~21:00

TEL:03-5413-3455

Web:イデーショップ公式サイト

〈BOTE〉商品ラインナップ

カラー:黒、並白

プレート(5サイズあり)1,000円~|ボウル(3サイズあり)1,200円~|飯椀 2,500円|ポット 9,000円|マグカップ 3,000円|フリーカップ 2,300円|カップ&ソーサー 4,000円|ピッチャー(2サイズあり)2,300円~|植木鉢(2サイズあり)8,000円~

〈SUTTO〉商品ラインナップ

カラー:黒、並白

プレート(5サイズあり)1,000円~|ボウル(3サイズあり)1,200円~|土鍋(2サイズ)12,000円~|飯椀 2,500円|ポット 9,000円|マグカップ 3,000円|フリーカップ 2,300円|カップ&ソーサー 4,000円|ピッチャー(2サイズあり)2,300円~|植木鉢(2サイズあり)8,000円~

※価格は税抜き

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ

    Recommend