colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

〈新潟おさかなばる〉
満員御礼!
東京・丸の内の酒場で体験する
“新潟のつかいかた”

コロカルニュース

posted:2018.12.26  from:東京都千代田区  genre:旅行 / 食・グルメ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Yu Miyakoshi

宮越裕生

みやこし・ゆう●神奈川県出身。大学で絵を学んだ後、ギャラリーや事務の仕事をへて2011年よりライターに。アートや旅、食などについて書いています。音楽好きだけど音痴。リリカルに生きるべく精進するまいにちです。

東京・丸の内に〈新潟おさかなばる〉が1日限定オープン!

2018年11月17日(土)、東京・丸の内の〈日本百貨店さかば〉にて、
〈新潟おさかなばる〉が開催されました。

これは、新潟県とマガジンハウスが提供する、
新潟をあなた好みに使っていただくための
ポータルサイト〈新潟のつかいかた〉によるコラボレーションイベント。

当日は新潟から新鮮なお魚と日本酒がどっさり届き、
〈新潟のつかいかた〉で「おうちで新潟気分!産直レシピ」を
監修する山村真由美さん、コロカルの及川卓也編集長らよるトークも。
満員御礼の大にぎわいとなりました。

「おうちで新潟気分!産直レシピ」を監修する山村真由美さん。

「おうちで新潟気分!産直レシピ」を監修する山村真由美さん。

コロカルの及川卓也編集長。

コロカルの及川卓也編集長。

本イベントのテーマは、酒場で知る“新潟のつかいかた”。
佐渡の寒ブリや、村上の塩引鮭、新鮮な南蛮エビなど、
新潟の食材を使った料理がずらり。新潟地酒との相性も抜群です。
さらに、伝統工芸士である会長自ら打った秘蔵の銘品
「燕三条 包丁工房タダフサの包丁」を使った寒ブリの解体ショーも行われました。

エビ

料理

料理

「燕三条 包丁工房タダフサの包丁」を使っての解体ショー。その切れ味に職人さんも唸っていました。

「燕三条 包丁工房タダフサの包丁」を使っての解体ショー。その切れ味に職人さんも唸っていました。

次のページ
トークに「おうちで新潟気分!産直レシピ」山村真由美さんとコロカルの編集長が登場

Page 2

おいしいお酒とともに、新潟トーク。

イベント

こちらは、当日のトークの様子。
ゲストは〈新潟のつかいかた〉で「おうちで新潟気分!産直レシピ」を
監修する山村真由美さん、コロカルの及川卓也編集長、
銘酒「久保田」で知られる〈朝日酒造〉の中山良二さん、
表参道・新潟館ネスパスの渡辺寛子さん、
新潟県広報広聴課〈新潟のつかいかた〉担当の高橋智計さん。

〈朝日酒造〉の中山良二さんと山村真由美さん。

〈朝日酒造〉の中山良二さんと山村真由美さん。

表参道・新潟館ネスパスの渡辺寛子さんと、新潟県広報広聴課〈新潟のつかいかた〉担当の高橋智計さん。

表参道・新潟館ネスパスの渡辺寛子さんと、新潟県広報広聴課〈新潟のつかいかた〉担当の高橋智計さん。

終始リラックスした雰囲気のなか、
新潟での暮らしぶりや隠れた魅力などが語られました。
お客さんにも大いに満足いただけたようです。
〈新潟のつかいかた〉では、これからも新潟のおいしい情報、
貴重な情報を発信していきます。ぜひチェックしてみてくださいね。

information

新潟のつかいかた

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ

    Recommend