colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

〈菊鹿ワイナリー〉
熊本県山鹿市に新たなワイナリーと
レストランがオープン!

コロカルニュース

posted:2018.12.20  from:熊本県山鹿市  genre:食・グルメ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Yoko Yamauchi

山内陽子

やまうち・ようこ●企画と文章。熊本生まれ、熊本育ち、ちょっと放浪、熊本在住。地元を中心に、広告・広報の企画を手がけています。おいしいものが大好きで、お米、お水、お魚、お野菜、いろんなおいしいものにあふれている熊本から離れられません。

(写真提供:宮野桂輔)

自社農園でブドウ栽培。レストランで特別なワインも!

1999年に熊本市内にオープンした、熊本県初のワイナリー〈熊本ワイン〉。
その設立とともに山鹿市菊鹿町(やまがしきくかまち)では、
シャルドネ、メルローなどのワイン用のブドウ栽培が始まりました。
はじめは手探りの状態から少しずつ契約農家を増やし、
いまでは30戸の農家が、ここ菊鹿町でワイン用ブドウの栽培に取り組んでいます。

菊鹿ワイナリーでのぶどう栽培

熊本ワインの中でも、山鹿市菊鹿町で栽培された
ブドウのみを使用して製造される〈菊鹿〉ブランドは、
国内外のコンクールで数多く受賞するなど人気の高いブランドで、
発売後すぐにソールドアウトになるほどの商品もあります。

ここまで菊鹿ブランドが認知され、評価されるに至ったのは、
地道に試行錯誤を繰り返しながらブドウ栽培に向きあってきた、
生産者の努力があってこそです。

そんな菊鹿ブランドの評価と需要の高まりを受け、
産地にワイナリーを建設する計画がもちあがり、
約4年前からその計画が進められてきました。

そして熊本ワインが母体となり、自社農園でブドウ栽培から取り組む農業法人
〈熊本ワインファーム〉を設立。
2018年11月10日、山鹿の農産物の魅力を体験できる施設〈AIRA RIDGE〉とともに、
〈菊鹿ワイナリー〉がオープンしました。

〈AIRA RIDGE〉とともに〈菊鹿ワイナリー〉がオープン

ワイナリーの敷地内には自社農園が約1.5ヘクタール。
ここでは、シャルドネやピノノワール、メルローといった
お馴染みのワイン用ブドウが植えられています。
新しい試みとして、ゲヴェルツトラミネールという
ドイツ品種のブドウの栽培も始まりました。

この自社農園のブドウを収穫、ワイナリーで製造し、
ワインとして味わうことができるのはこれから4、5年後のこと。
新しい品種やつくり方など、試行錯誤をしながら
新たな展開が予定されているということです。

敷地内にある自社農園

〈菊鹿ワイナリー〉の敷地内にある自社農園。ブドウの苗を今年植えつけたばかり。ワインができる4、5年後が楽しみ。同じ敷地内には、レストランで出す予定だという野菜畑も。

次のページ
新鮮なワインと野菜が楽しめるレストランも!

Page 2

また、菊鹿ワイナリーには〈レストランファーム〉が併設され、
ここでしか味わうことができない特別なワインを、生ビールのようなサーバーで提供。
工場直営のレストランだからこそ味わえる、新鮮なワインを楽しめます。

工場では今年の8月に菊鹿町の契約農家で収穫された
ブドウを使ったワインの仕込みも始まっており、
そのワインがレストランファームで楽しめる日も近いことでしょう。

工場に併設された〈レストランファーム〉

菊鹿ワイナリーの工場に併設された〈レストランファーム〉。店内にあるショップではワインを購入することができます。(写真提供:宮野桂輔)

サーバーで提供されるワイン

サーバーで提供されるワインのラインナップは〈菊鹿〉ブランド。中には菊鹿ワイナリーでしか味わえない、特別なワインも。(写真提供:今村ゆきこ[イマムラ企画])

レストランファームは、メインを選んでサイドメニューをビュッフェで楽しむ
ハーフビュッフェスタイル。
ワイナリーの近隣で無農薬野菜の栽培に取り組む農園〈うさぎ農園〉をはじめ、
地元の農家さんから仕入れた色とりどりの野菜のサラダやスープ、
デザートなどが並びます。

レストランファームのビュッフェ

レストランファームのビュッフェには、地元の農家さんから仕入れたこだわりの野菜をはじめ、手づくりの惣菜が並びます。土地の力を感じる味わいをプレートに盛りつけていただきます。(写真提供:今村ゆきこ[イマムラ企画])

ビュッフェのスイーツ

写真提供:今村ゆきこ[イマムラ企画]

レストランファームの責任者である長谷川仁さんは、
「このワイナリーは、地域創生の役割も今後担っていく施設。
そう意識しながら、いまあるもの、地域にあるすばらしいものを掘り出し、
アイデアを出し合いながら、外に向けて発信していく取り組みに
力を入れていきたいと思います」と意気込みを語ります。

〈うさぎ農園〉の月野亜衣さん(右)とレストランファームの長谷川仁さん(左)

合志市で無農薬野菜の栽培に取り組む〈うさぎ農園〉の月野亜衣さん(右)とレストランファームの長谷川仁さん(左)。長谷川さんは、サーバーでのワインの提供方法を考案した張本人。

農園で栽培される野菜

熊本にワイナリーができてもうすぐ20年。
次の20年につながる、新しい日本ワインの歴史が
山鹿市菊鹿町という小さなまちで動き出しています。

熊本ワイン株式会社・代表取締役社長の幸山賢一さんと長谷川仁さん

菊鹿ワイナリーの工場前で。熊本ワイン株式会社・代表取締役社長の幸山賢一さんと、レストランファームの長谷川仁さん。

information

map

菊鹿ワイナリー

住所:熊本県山鹿市菊鹿町相良字下原559-2

TEL:0968-41-8585(ワインショップ)
0968-41-8650(レストランファーム)

営業時間:10:00~17:00(レストランは11:00~)

定休日:第1・3火曜

Web:菊鹿ワイナリー

Feature  注目情報&特集記事「日本のクリエイティブ」

Tags  この記事のタグ

Recommend