colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

〈工芸ハッカソン2018〉
富山で生まれた伝統工芸の
最新形が渋谷に上陸!

コロカルニュース

posted:2018.11.14  from:東京都渋谷区  genre:ものづくり / アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

2018年11月30日(金)〜12月2日(日)、東京・渋谷の〈EDGEof〉にて、
〈工芸ハッカソン2018〉が開催されます。

これは、展示やトークセッション、ワークショップなどを通じて
日本の手仕事とテクノロジーの融合によるイノベーションの可能性を探るイベント。

工芸ハッカソン2017の様子

工芸ハッカソン2017の様子

工芸ハッカソン2017の様子

「ハッカソン(hackathon)」とは、ソフトウエア開発者たちが
共同でプログラムの開発やサービスの考案などを行い、
その技能やアイデアを競う催しのこと。

2017年に富山県高岡市で開催された工芸ハッカソンでは、
多様な分野の一線で活躍する37名が参加し、話題を呼びました。

今年の工芸ハッカソン2018には、昨年のハッカソンで生まれたプロジェクトが登場。
漆塗りを用いたインスタレーションや伝統工芸にIoTを組み込んだプロダクト、
AIと職人の協働による作品、エンジニアリングを用いた
技術継承のための新しいシステムなどが並びます。

富山で生まれた7つのプロジェクト

〈素材調〉による作品

〈素材調〉による作品

もともとは2017年に〈国際北陸工芸サミット〉の一環として
富山県高岡市で始まったというこのイベント。

昨年は、金属工芸や漆芸の技と心意気を400年以上受け継ぐ高岡市を舞台に、
地元の伝統産業に携わる職人と、エンジニア、研究者、アーティストなど
異分野のクリエイターがチームを組み、7つのプロジェクトが生まれました。
今年はそこから生まれたプロジェクトの最新の状況を
展示やトークセッションを通じて紹介します。

工芸ハッカソン2017の様子

工芸ハッカソン2017の様子

次のページ
ハッカソンで誕生した7チームによる展覧会

Page 2

〈9+1〉漆を用いた作品

〈9+1〉高岡の伝統工芸で使われる「漆」をはじめとする素材を見つめ直し、電気伝導体/絶縁体としてのエレクトロニクス素材としても捉えられることに注目。漆を用いた作品では、漆そのものの美しさも表現するアート作品の制作を目指します。オランダ、アイントホーフェンのDouch Design Weekにて展示も開催。

見どころは2017年のハッカソンで誕生した7つのチームによる展覧会。
「素材調」「つくるラボTakaoka」「伝統技術の継承」「トントントヤマ」
「9+1」「Metal Research Lab」「Re工芸」の7チームが発表を行います。

〈Re工芸〉AIと職人との共創により新たな展開をもたらす実験

〈Re工芸〉“人工知能との掛け合わせにより、高岡工芸がこれまで培ってきたものを別の視点から見ることはできないだろうか”という疑問に端を発し、AIと職人との共創により新たな展開をもたらす実験=Reconstruction工芸(工芸の再構築)に取り組みます。

また、初日11月30日(金)は、18:00からロフトワーク代表取締役の林 千晶さん、
映像作家の菱川勢一さん、エピファニーワークス代表取締役の林口砂里さんによる
トークセッションを開催。19:00からはどなたでも参加できるレセプションも。
工芸ハッカソンのチームメンバー、トークセッションのゲストスピーカーのみなさんと
交流をはかる絶好の機会です。

工芸ハッカソン2017での記念撮影

工芸ハッカソン2017の様子

「トークセッション」「レセプション」は
工芸ハッカソン特設サイトから事前予約が必要になります。
詳細はこちらから。

※先着順につき定員に達し次第受付を終了します。

そのほか、金属工芸と螺鈿細工の職人を招いた工芸ワークショップも開催。
ぜひチェックしてみてくださいね。

螺鈿入り箸

螺鈿入り箸

information

map

工芸ハッカソン2018

開催日:2018年11月30日(金)〜12月2日(日)

時間:30日 10:00〜21:00/1日・2日 10:00〜18:00

会場:渋谷・EDGEof

住所:東京都渋谷区神南1-11-3

発表チーム:「素材調」「つくるラボTakaoka」「伝統技術の継承」「トントントヤマ」「9+1」 「Metal Research Lab」「Re工芸」

主催:文化庁、有限会社エピファニーワークス

Web:工芸ハッカソン2018

Feature  注目情報&特集記事「日本のクリエイティブ」

Tags  この記事のタグ

Recommend