colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

〈白金五丁目アワード〉
KIGIらが発信!
白金五丁目から始まる
わたしたちのアワード

コロカルニュース

posted:2018.10.17  from:東京都港区  genre:ものづくり

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

2018年8月、東京都港区白金にある〈OUR FAVOURITE SHOP〉で
「ジュエリー・クラフト」「フード」「アート」のつくり手を育て、
価値あるものを発信していく〈白金五丁目アワード〉が始まりました。

こちらが、111もの応募作品のなかから選ばれた
ジュエリー・クラフト部門のグランプリ受賞作品『floating』です。

白金五丁目アワード ジュエリー&クラフト展 グランプリ 上島珠恵『floating』作品価格:19,440円(税込・送料別)審査会では、今までに見た事のない技法と、細部にまでこだわったデザインなどが評価されました。

白金五丁目アワード ジュエリー&クラフト展 グランプリ 上島珠恵『floating』作品価格:19,440円(税込・送料別)審査会では、今までに見た事のない技法と、細部にまでこだわったデザインなどが評価されました。

『floating』の材料は、なんとトレーシングペーパー。
熱を加えて加工することにより、トレーシングペーパーが
繊細な表情のアクセサリーに生まれ変わりました。
そのほかの作品も、独創性あふれるものばかり!

白金五丁目アワード ジュエリー&クラフト展 準グランプリ Emika Komuro『something rather than nothing』作品価格:37,800〜96,200円(税込・送料別)

白金五丁目アワード ジュエリー&クラフト展 準グランプリ Emika Komuro『something rather than nothing』作品価格:37,800〜96,200円(税込・送料別)

白金五丁目アワード ジュエリー&クラフト展 グランプリ 優秀賞 MANAMI AOKI『櫛いれる木』作品価格:24,840円(税込・送料別)

白金五丁目アワード ジュエリー&クラフト展 グランプリ 優秀賞 MANAMI AOKI『櫛いれる木』作品価格:24,840円(税込・送料別)

白金五丁目アワード ジュエリー&クラフト展 グランプリ OFS賞 koichimatsumoto 作品価格:7,560〜9,720円(税込・送料別)

白金五丁目アワード ジュエリー&クラフト展 グランプリ OFS賞 koichimatsumoto 作品価格:7,560〜9,720円(税込・送料別)

OUR FAVOURITE SHOP(以下OFS)は植原亮輔さんと渡邉良重さんによる
クリエイティブユニット〈KIGI〉が、〈bluestract〉〈丸滋製陶〉とともに、
2015年7月に開いたギャラリー&ショップ。

左上より〈三人の装丁〉(葛西薫+服部一成+菊地敦己)/〈アワ フェイバリット笑店〜沖縄料理と落語の夕べ〜〉/ 〈dropス〉(薗部悦子×渡邉良重)/〈オードリーのための音楽会〉(阿部海太郎、Janis Crunch、葛城梢)

左上より〈三人の装丁〉(葛西薫+服部一成+菊地敦己)/〈アワ フェイバリット笑店〜沖縄料理と落語の夕べ〜〉/ 〈dropス〉(薗部悦子×渡邉良重)/〈オードリーのための音楽会〉(阿部海太郎、Janis Crunch、葛城梢)

白金五丁目アワードはロフトワークの新サービス〈AWRD(アワード)〉の
編集長、金森さんの発案が発端となり「お店とクリエイターが
出会うきかっけになるようなアワードをつくろう」と始まったのだとか。

今回のアワードを通じ、さまざまな作品との出会いに刺激を受けたという主催者の皆さん。
「この優れた作品をお客さんの手元に届けたい」「今後もこのアワードを継続していきたい」
という気持ちが高まり、クラウドファンディングを立ち上げました。

目的は、8月に開催された受賞作品展の連動企画として
クラウドファンディングを開催し、支援のリターンに作品を提供すること。
今後もアワードを継続し、クリエイターを支援するとともに
白金五丁目を盛り上げていくこと。

このクラウドファンディングはクリエイターが作品を販売する場になり、
支援は各デザイナーの活動資金となります。
また、資金は展示とイベントの開催費用にも当てられます。

次のページ
若手クリエイターと向き合うKIGIの思い

Page 2

「ジュエリー・クラフト部門」公募期間中行われた講評会

「ジュエリー・クラフト部門」公募期間中行われた講評会

白金五丁目アワードを通じて参加者と交流していくなかで、
主催者のみなさんは大事なことに気づかされたといいます。

「ジュエリー・クラフト部門」の公募期間中に、
応募を考えている方を対象に行われた講評会には、
ジュエリーデザインを勉強中の学生さんらが集まり、
「作家性の高いものと、売れるものの狭間で揺れている」
「価格のつけ方がわからない」などの悩みが寄せられました。

お菓子研究家・福田里香さんを招いて行われた「フード部門」審査会

お菓子研究家・福田里香さんを招いて行われた「フード部門」審査会

お菓子研究家・福田里香さんを審査員に招いた「フード部門」の公開審査では、
一般の方からの「おいしい!」という声や会場の空気感から
「このアワードが持つ意味をあらためて感じた」のだそう。
また、若手クリエイターたちの真摯な姿に触発され、
こうした交流から良い熱量が生まれそうな予感がしたのだとか。
そして、じっくりと関わり合いながら育てていくプロセスの大事さを感じたといいます。

クラウドファンディングのリターンには、講演会+KIGIと居酒屋で飲むというリターンも。

クラウドファンディングのリターンには、講演会+KIGIと居酒屋で飲むというリターンも。

KIGIのおふたりは、このクラウドファンディングについて
次のようにメッセージを寄せています。

「今回のアワードをやってみて、とても良い作品に出会いました。
自由で大胆な発想をしていたり、良くやるな……と
思うほど時間と根気が入った作品だったり。
みなさん素材の研究をすごくされていて、つくり方を発見しながら、
それを楽しみながらつくっているのが伝わりました。
そしてそれをきちんとジュエリーに昇華させる力もあって、
すごいなと思いました。みんなのもつ可能性に期待を感じました。
このように若い人の才能を見つけて、時間をかけて
一緒に育てていく助けになれば良いと思います。
是非、一緒に新しい才能を探していきましょう」(渡邉良重さん)

「世の中に、いろんなコンペティションがある中で、何故、我々が
新しく白金五丁目アワードを開催することにしたかというと…
若い才能を見つけ、応援したい。
かつては僕らもいろんなコンペに出すことで
成長させてもらい、今があると感じています。
これからは僕らがその若いクリエイター達を応援してあげたい。
そして、せっかくスペースがあるのだから、この場所で何かが生まれてくる瞬間を
リアルに見てみたい。そんな思いもあります。
グラフィックデザインのコンペは毎年審査員をやらせてもらっているので、
それ以外のコンペを開催し、できるだけOFSと関係のあるジャンルをと思い、
まずは、ジュエリー、食、アートのジャンルにしました。
これから、定期的に開催できるかわからないけど、
みなさんからご支援をいただくことで、
できる限り開催していきたいと思っています。
そして、OFSがある白金北里通り商店会もまた盛り上げていきたい。
ここは、恵比寿、広尾、白金高輪、その3つの駅からは
少し離れてますが、おいしいお店も多く、
楽しいお祭りなどもあり、下町情緒あふれる素敵な商店街です。
少しでも多くの方に来ていただきたいと思っています。
ぜひ、応援宜しくお願いします」(植原亮輔さん)

クラウドファンディングの募集期限は2018年10月21日 23:59まで。
ぜひチェックしてみてくださいね。くわしくはこちらから!

3,500円の支援のリターンとして提供される「渡邉良重デッドストックコレクション」(サイン入り)

3,500円の支援のリターンとして提供される「渡邉良重デッドストックコレクション」(サイン入り)

information

map

OUR FAVOURITE SHOP

住所:東京都港区白金 5-12-21

営業時間:12:00〜19:00

定休日:月・火(祝日を除く)

電話:03-6677-0575

Web:クラウドファンディングサイト 白金五丁目アワード OUR FAVOURITE SHOP Facebook 

Feature  注目情報&特集記事「日本のクリエイティブ」

Tags  この記事のタグ

Recommend