colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

話題作『カメラを止めるな!』も。
湖畔の星空の下の映画祭
〈富士 湖畔の映画祭 2018〉

コロカルニュース

posted:2018.7.20  from:山梨県南都留郡富士河口湖町  genre:エンタメ・お楽しみ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

富士山の麓で大自然を感じながら、星空の下で映画を見る! 
そんな野外映画フェス〈第4回 富士 湖畔の映画祭 2018〉が、
2018年7月27日(金)から29日(日)の三日間に渡り開催されます。

富士 湖畔の映画祭

今年で4年目を迎えるこのフェスの舞台は、富士山麓・本栖湖のキャンプ場。
避暑地、本栖湖の湖畔で、森に囲まれたスクリーンでの映画、
昼は音楽やイベント、夜は星空の下で映画を楽しむ新感覚のアウトドアイベントです。

富士 湖畔の映画祭の会場の様子

富士 湖畔の映画祭、夜はこんな感じに

上映作品は、良質な国内インディペンデント映画を中心に、全部で42本を予定。
現在全国で大ヒット中の映画『カメラを止めるな!』(上田慎一郎監督)をはじめ、
2017年度日本映画監督協会新人賞を受賞の岩切一空監督『花に嵐』、
行定勲監督『いっちょんすかん』、『うつくしいひと サバ?』など、
充実のラインナップ。会場には、行定監督を始め、35作品以上の監督や出演者が訪れ、
舞台挨拶をする予定です。

上田慎一郎監督「カメラを止めるな!」

上田慎一郎監督「カメラを止めるな!」

次のページ
映画祭の楽しみ方はいろいろ

Page 2

映画祭の朝には、森の中でヨガも行われます

日帰り温泉も近くにあり、自由に過ごすことが出来るのがこのフェスの醍醐味

会場には、映画祭専用のテントゾーンが開設され、
キャンプを同時に満喫することができるのが大きな特徴。
ほかにも屋台で飲食したり、バーベキューをしたり、
アウトドアを思いっきり楽しんでください。
映画祭の朝には、森の中でヨガも行われます。

日帰り温泉も近くにあり、自由に過ごすことが出来るのがこのフェスの醍醐味。
公式サイトでは、バンガローの予約や新宿→本栖湖直通オフィシャルバスの予約も
受け付けています。

information

map

富士 湖畔の映画祭2018

会場:山梨県富士五湖・本栖湖キャンプ場 (山梨県南都留郡富士河口湖町本栖18)

開催日程:2018年7月27日(金)~29日(日)

チケット:通し券のみ 前売り3,500円(税込)/当日券4,000円(税込)

Web:公式サイト

主催:湖畔の映画祭実行委員会

後援:本栖湖観光協会/本栖湖漁業協同組合/本栖湖みらいプロジェクト

Recommend