colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

品質をとことん究めたタオル
〈藤高(フジタカ)〉が
創業100周年を前に銀座に
直営ショップオープン

コロカルニュース

posted:2018.6.26  from:東京都中央区銀座  genre:ものづくり

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

高級タオルの生産で有名な愛媛県の今治。
その今治の中で最も歴史のあるメーカー〈藤高〉が、
東京銀座に直営ショップをオープンしました。
1919年創業の藤高は、来年2019年になんと創業100周年を迎える
今治タオルのトップメーカーです。

贈り物にも最適な上質なタオルが並ぶ

贈り物にも最適な上質なタオルが並ぶ

直営ショップのコンセプトは“究める”。
「技術の藤高」といわれるほど高い技術力を誇る藤高。
タオルでは通常は考えられない細く繊細な糸をふんだんに使い、
手間と時間を惜しまずに作り出した贅沢なタオルや、
耐久性とやわらかさを両立した革新的なタオルなどが並びます。

次のページ
こだわりの内装にも注目

Page 2

ショップ店舗設計は建築家の中村好文氏が担当。
「長い時間」と「タオルの質感」を同時に表現したという店内には
風雪にさらされ銀鼠色に変色した古材が使用されています。
北米の高地で、風除けフェンスとして使われていたものです。

古材をふんだんに使った店内

古材をふんだんに使った店内

ロゴ・デザイン監修はアートディレクターの柿木原政広氏。
藤高が大正15年に使用していた商標『世界鶴』を再構築したものです。
藤高が受け継ぐ技術力をシンボル化するだけでなく
その技術を組み合わせることで新しい価値をつくる、そんな想いが込められています。

立体パズル感覚で組み合わせるパッケージ&ギフト

立体パズル感覚で組み合わせるパッケージ&ギフト

こちらは昭和30年に使用されていた世界鶴のマーク

こちらは昭和30年に使用されていた世界鶴のマーク

至高のタオルを目指し作られた、ボリュームタップリ、
肌触りのやさしい『月』。
世界で0.01%しか取れないという希少な綿花からつくられた『花』。
空気を紡いだような軽さを実現した『風』。
やわらかさと耐久性を実現させた『ZUTTO』。
究極の黒を目指し、今までにない黒度の『BK100』。
〈藤高〉の銀座ショップではクオリティの高い
さまざまなタオルを手に取ることができます。

究極の黒を実現したタオル

究極の黒を実現したタオル

information

map

FUJITAKA TOWEL GINZA 
藤高

住所:東京都中央区銀座7-12−1 藤高ビル1F

TEL:03-6278-8852

営業時間:11:00~20:00

定休日:年末年始

Web:https://fujitakatowel.jp/

Feature  注目情報&特集記事「日本のクリエイティブ」

Recommend