colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

手作りの古本市
〈第5回小田原ブックマーケット〉
開催!

コロカルニュース

posted:2018.6.6  from:神奈川県小田原市  genre:エンタメ・お楽しみ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

2018年6月23日(土)、神奈川県小田原市で
〈第5回小田原ブックマーケット〉が開催されます!
小田原駅周辺の3つのメイン会場と16店舗の商店やカフェで、
それぞれ出店者や店主が選書した本を販売する、
フリーマーケットスタイルの古本市です。

小田原ブックマーケット

小田原ブックマーケット

〈小田原ブックマーケット〉では、店主や店と関わりの
深いクリエイターや本の愛好家が選んだこだわりの本、
グッズを持ちより、小田原のあちこちで1日だけの小さな古本屋をオープンします。

〈小田原ブックマーケット〉が初めて開催されたのは、2013年11月のこと。
まちなかのカフェや雑貨店と旧三福会場合わせて、10組の参加でスタートしました。
昨年の第4回には、1000人近い来場者で賑わったそう。

小田原ブックマーケット・会場準備の様子

2017年の小田原ブックマーケットの様子

昨年開催の様子

第5回となる今回は、過去最多の全51組が出店!
メイン会場となる緑公民館会場(小田原市栄町2−12−16)には
一般公募で集まった一日限定の書店主のほか、18組の出店者が集結。

小田原在住の小説家椰月美智子さん、漫画家冬川智子さんが
自身の作品を「筆者直売」したり、
湘南・西湘の魅力あふれるフリーマガジン、海の近く編集部の「バックナンバー販売」、
鎌倉で若い世代に人気の古書店books mobloは「出張販売」などの特別企画もあります! 
ほか、「平井書店」、「旧三福」にも
小学生からシニア世代まで幅広い年代層の出店があります。

小田原ブックマーケットの様子

店主が選書した本を販売する「まちなか会場」

そして小田原駅周辺の16店舗の商店やカフェで、
それぞれ店主が選書した本を販売する「まちなか会場」も。
店内外には、各店舗の特色を活かした古書や雑貨が並びます。
箱根宮ノ下のNARAYA TABI BOOKSが参加する企画も。
当日配布される地図を手に、
小田原の街の街歩きを楽しみながら、本を探してみてはいかがでしょうか。

小田原ブックマーケット

次のページ
ボランティアスタッフ「しおり隊」が運営

Page 2

小田原ブックマーケット

〈小田原ブックマーケット〉を運営するのは、
公募および他薦で集まったボランティアスタッフ「しおり隊」。
メンバーは東京、神奈川在住。20代〜50代まで、18名で構成されており、
企画から会場の設営や装飾、広報、当日の運営に携わります。

今後の展開として、いずれは古本市だけではなく、
ブックトークや読み聞かせ、伝統芸能(落語など)の上演等を行うことを目指しているそう。
今年の開催の詳細は、Facebookページにて。

information

map

第5回 小田原ブックマーケット

開催日時:2018年6月23日(土) 11:00〜16:00まで

会場:集合会場(緑公民館、平井書店、旧三福)および小田原市内のカフェ・雑貨店等

Web:Facebookページ

Feature  注目情報&特集記事「日本のクリエイティブ」

Recommend