colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

徳島の情報発信基地
〈Turn Table〉オープン!
渋谷の奥に出現した藍染暖簾の
レストランの驚くべき中身とは?

コロカルニュース
vol.2408

posted:2018.5.18  from:東京都渋谷区神泉町  genre:旅行 / 食・グルメ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

渋谷の奥、神泉に徳島県のお店〈Turn Table〉が開店しました。
ここは、従来のアンテナショップとは異なり、
食や宿泊の体験を通じて徳島の魅力を知るという“体験型”のショップ。
徳島の食材によるレストランやバル、マルシェのほか、
宿泊も提供している施設です。

四国のイメージといえば? 例えば高知ならカツオ。
松山ならみかん、香川だとうどん。

じゃあ、徳島って??

この店には、どこにも「徳島」の文字はありません。
出していないのです。

しゃれた藍染の暖簾の店だな。
バルみたいだから、軽く飲んでみようか。

そんな感じから利用してもらい、食事をしていて気づいたら
いつの間にか徳島を理解してもらえれば……、というオーナーの思いで、
店内からは、徳島という文字が極力省かれています。

実は地方の自治体が、県外にPR目的に宿泊機能を有する施設を運営するのは、
国内初だそう。コンセプトは「都会の中に徳島のオーベルジュ」。
まずはこの店の食事を楽しみに全国、世界中から泊りがけで来てもらうことが
一つの目標、だそうですが、
それには『まず、ゆったりと食事をして気に入ってもらうのがまず最初』と考えていて、
つぎに『徳島の魅力を発見したり、旅行、サテライトオフィス、
移住などを考えてくれたら』という想いがあるそうです。

徳島県上勝町の地ビールはスダチが入っていてさっぱり。

徳島県上勝町の地ビールはスダチが入っていてさっぱり。

バルでありつつ、ホステルの受付もあり、外国からのツーリストがくつろいでいます。
徳島の食材の販売もしています。気軽なスペースになっているので
居心地の良さは満点です。

1階では徳島産の食材を販売しています。イチゴや味噌も。

1階では徳島産の食材を販売しています。イチゴや味噌も。

2階のレストランはこの界隈では有名な〈Pignon〉の
オーナーシェフ吉川平氏がプロデュース。
オーストラリア人シェフのジョーダン氏が腕をふるってくれています。

ヘッドシェフのジョーダン氏

ヘッドシェフのジョーダン氏

レストランのメニューはコースのみ。
徳島から旬のものが毎日届き、それを見てから決めるため、
その日のメニューは黒板に書いてあります。
4品で5,000円、7品で8,000円、女性なら4品でもかなりボリューミィ。

ある日のメニューは徳島で獲れた鹿肉と柑橘類のサラダ、
鳴門で採れたスズキのフリット、阿和牛のステーキとフキとゼンマイの煮びたし、
徳島さちのかイチゴのアイスクリーム、それと徳島麦のパンに白みそバター添え。

イサキの炙りビネガーソース

イサキの炙りビネガーソース

次のページ
徳島への理解の深さ

Page 2

徳島漁港にて吉川氏

徳島漁港にて吉川氏

井上味噌醤油

井上味噌醤油にて

本店のオープンにそなえ、スタッフは何度も徳島のいろいろな
生産者を訪れて理解を深めました。徳島の食材や県産材をよく深く理解し、
運営に役立てるための取材や実験的なポップアップレストランを
数度に渡り行っています。

スタッフは何度も徳島のいろいろな生産者を訪れて理解を深めました

このレストランは『セッション』がコンセプト。
「阿波踊りに象徴される、多くの人々とセッションを通じて新しい価値を生み出す徳島の文化」に
ほれ込んだ代表の渡辺トオル氏が徳島の食の専門家、
生産者や県のかたがたとのやりとりを重ねてたどりついたコンセプトです。

気づいて集まれば、それが徳島なんだと。

神泉という渋谷の奥、けれど新しいカルチャーの発信がある
このまちが四国徳島のイメージにぴったりだと、渡辺氏は気に入っています。
「テーブルから暖簾、ビール、ジュースや食材もすべて徳島のもので揃えていて、
この店が気に入ったら徳島を気に入ってくれるはず。」
と語ります。

ここで最初の疑問へ。
山も川も海もある徳島。なんでもあるから、
それらを巻き込む人脈が徳島なのです。
あえて『徳島』を前面に押し出さない情報発信基地、
これからのありかたかも知れません。

information

map

Turn Table

住所:東京都渋谷区神泉町10-3

TEL:03-3461-7722

営業時間:レストラン 18:00~24:00(23:00 L.O.) 朝食 7:30~

定休日:日曜

ホステル営業は別途(詳細はHPに掲載) 

Web:公式サイト

Feature  注目情報&特集記事「日本のクリエイティブ」

Recommend