colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

連載

〈HOMEMAKERS〉のリユースカップ
でスペシャルなドリンクを!

小豆島日記
vol.229

posted:2019.8.12  from:香川県小豆郡土庄町  genre:暮らしと移住

〈 この連載・企画は… 〉  海と山の美しい自然に恵まれた、瀬戸内海で2番目に大きな島、小豆島。
この島での暮らしを選び、家族とともに移住した三村ひかりが綴る、日々の出来事、地域やアートのこと。

writer profile

Hikari Mimura

三村ひかり

みむら・ひかり●愛知県生まれ。2012年瀬戸内海の小豆島へ家族で移住。島の中でもコアな場所、地元の結束力が強く、昔ながらの伝統が残り続けている「肥土山(ひとやま)」という里山の集落で暮らす。移住後に夫と共同で「HOMEMAKERS」を立ちあげ、畑で野菜や果樹を育てながら、築120年の農村民家(自宅)を改装したカフェを週2日営業中。
http://homemakers.jp/

まずは自分たちでできることから、始めてみよう!

小豆島は夏真っ盛りです。
連日35度を超える暑い日が続いています。

夏になると冷たい飲みものを飲みたくなるわけですが、
うちのカフェでも、ジンジャーエールやダイダイレモンソーダ、
梅ソーダ、それからアイスコーヒーなど
冷たいドリンクがよく注文されるようになります。

今年の夏は〈瀬戸内国際芸術祭2019〉が開催されているし、
きっと冷たいドリンクのテイクアウトが増えるだろうなぁと思い、
夏が始まる前からテイクアウト用のカップについて考えていました。

この夏はカフェの営業日を増やして、火~土曜の週5日オープンしてます。

この夏はカフェの営業日を増やして、火~土曜の週5日オープンしてます。

1回使ったきりで捨てられてしまうプラスチックカップをやめたいなぁと。

天然素材の土に還るコップにしようか。
金属製のふたがついてるガラス瓶にしようか。

いろいろ調べて考えました。
使い捨てないこと、繰り返し使いたくなること、
でも価格がそんなに高くなりすぎないこと。

夏の新メニュー、ファラフェルサンド。野菜はすべて自分たちが育てたもの。

夏の新メニュー、ファラフェルサンド。野菜はすべて自分たちが育てたもの。

ドリンクとサンドメニューはお持ち帰りできます。

ドリンクとサンドメニューはお持ち帰りできます。

私たちはこの夏、〈HOMEMAKERS〉のリユースカップをつくることにしました。
リユースカップとは、使い終わったあと、
洗って繰り返し使うことができるカップです。
屋外での利用を考えて、軽くて割れにくいポリプロピレン製のものにすることに。

〈HOMEMAKERS〉オリジナルデザインのリユースカップ。自家製のジンジャーエールとハニーダイダイソーダが入ってます。

〈HOMEMAKERS〉オリジナルデザインのリユースカップ。自家製のジンジャーエールとハニーダイダイソーダが入ってます。

リユースカップは使用後に回収しなければ再利用できません。
うちでドリンクをテイクアウトした場合、どこで回収するのか。
勝手に妄想すると、地域内で、たとえば小豆島内の飲食店やホテル、
観光地で共通のリユースカップを使って、
港やお店などに回収ボックスを設置、洗浄して、
また各店舗で再利用するなんてことができたらおもしろい。

地域全体で使い捨てを減らして、ゴミを減らすことができる。
でもいきなりそんな大きなことはできないし、まずはうちで始めてみようと。
テイクアウトされたものの回収は難しいので、
それなら捨てずに持ち帰って繰り返し使いたくなるようなものにしようと、
オリジナルのデザインのものをつくることにしました。

使うのが楽しくなるカップ。
キャンプや外でのイベントなんかで使えるカップ。
スペシャルなドリンクを飲みたくなるカップ。

次のページ
リユースカップ利用は増える?

Page 2

というわけで、夏が終わる前になんとかオリジナルのリユースカップができあがって、
HOMEMAKERSカフェでさっそく使い始めています。
予測に反して、テイクアウトはほとんど増えてませんが(笑)、
店内でリユースカップ活躍してます。
スタッフはみんなカップに自分の名前を書いて使ってます。

HOMEMAKERSのカレーライス。

HOMEMAKERSのカレーライス。

夏の営業が始まる前にカフェスタッフで決起集会。この乾杯の時にはカップは間に合いませんでした(笑)。

夏の営業が始まる前にカフェスタッフで決起集会。この乾杯のときにはカップは間に合いませんでした(笑)。

リユースカップを使ってくれる人が広がっていくか、
コスト的に見合うのかどうかなど、まだどうなるかわかりません。
それからストローはどうしようとか、カップのフタはどうしようか、
それも迷ってます。が、とにかく使い始めてみようと。
イベントに出店してドリンクを販売するときも、このカップを使いたいな。

新しい仲間が増えたHOMEMAKERSカフェ。

新しい仲間が増えたHOMEMAKERSカフェ。

いまはペットボトルに入ったお茶やジュースがどこでも売られていて、
安く簡単に手に入れることができますが、
私たちは生姜やダイダイ、レモンなどの柑橘を育てるところから始めて、
収穫して、加工して、シロップというかたちにして、それを炭酸水で割って、
ジンジャーエールやダイダイレモンソーダとして飲んでいます。

なんでも便利で安くじゃなくて、時々はひと手間かけた
スペシャルなドリンクを飲みましょうよ、それがきっと生活を豊かにしてくれる。
そんな思いを込めてカップには「Special Drinks for Good Life」と綴りました。

ちょっと手間をかけたスペシャルなドリンクをどうぞ。

ちょっと手間をかけたスペシャルなドリンクをどうぞ。

ジンジャーシロップなど販売してます~!

ジンジャーシロップなど販売してます~!

あ、HOMEMAKERSのリユースカップはいまのところ販売してません。
ドリンクをテイクアウトするとき、お店でHOMEMAKERSのシロップを
お買い上げいただいたときについてきます。
使い捨てない、繰り返し使う、少し手間をかける、
そんな文化がもっと広がるといいな。

HOMEMAKERSのシロップお買い上げでリユースカッププレゼント!

HOMEMAKERSのシロップお買い上げでリユースカッププレゼント!

information

map

HOMEMAKERS 

住所:香川県小豆郡土庄町肥土山甲466-1

営業時間:金曜、土曜のみ 11:00~17:00(L.O. 16:00)*冬季休業

http://homemakers.jp/

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ