colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

連載

青森県田子町、池田ファームで
出会った絶品のお肉・田子牛!
にんにく首都のさらなる名産

Eating Clipping
おいしいあれこれ日誌
vol.006

posted:2013.7.15  from:青森県三戸郡田子町  genre:食・グルメ

〈 この連載・企画は… 〉  雑誌オリーブなどで活躍していたスタイリスト・櫻田理香子が、地元である青森を中心に、
各地のおいしいものをいろいろスクラップ。「あそこのあれが食べたい!」と自慢の嗅覚!? を発揮してくれます。

第6回 にんにくのまちの、
もうひとつの名産。

  • CLIP.06

    縁のなかった田子町。
    いよいよ訪ねてみたら、
    想像以上の満足度なのでした!

  • 青森県の南部、もうすぐ岩手県?
    という位置にある田子町(たっこまち)。

    田子町は、にんにくの首都です(看板でもそううたってます)。
    「田子にんにく」と言えば知らない人はいないはずの、
    日本一の生産量を誇るブランドにんにく。
    (意外に日本一にこだわる青森県民。私も含め。ちなみに他の農産物では、長芋・りんご・ごぼうも日本一!)
    6月下旬から7月上旬は、にんにくの収穫期にあたります。
    乾燥していない「生にんにく」はこの時季にしか手に入らず、
    ものすごく美味しく、クセになる味。毎年楽しみにしているもののひとつなんです。

    ずーっと、この、たっこまちに行ってみたかった。
    というのも、私の実家がある十和田市からは、
    果物買うなら南部町(りんごにさくらんぼ)。
    おせんべい買うなら三戸町(南部せんべいのなかでも三戸せんべいは特別!)。
    と出かけて行くものの、その先にある田子町にはなかなか縁がなく、、。
    田子にんにくは近所のスーパーや道の駅十和田で買う、という具合。

    今回、ようやく田子町へと足を伸ばすことができました。
    道すがら、いたる所で目にする田子町のシンボル、にんにく。
    にんにく畑の真ん中や、銀行ATM、業務車、バスターミナルまでが…!

  • 三戸地方の観光案内の看板

    1. 田子町(たっこまち)・三戸町(さんのへまち)・南部町(なんぶちょう)の三地区からなる三戸地方。すぐそこはお隣の岩手県。南部町には戦時中、黒柳徹子が疎開していた、とウィキペディアに載っていた。

  • ガーリックセンターの看板

    2. 田子町の中心にある「ガーリックセンター」。ここが首都の証。レストランのほか、にんにく食品やグッズなどが買えるお店です。

  • 「ギルロイカフェ」のにんにくオブジェ

    3. センター内の「ギルロイカフェ」。ギルロイとは、カルフォルニア州のギルロイ市。田子町とは姉妹都市提携をしている。

  • 「にんにく日本一」と書かれた看板

    4. ようこそ田子へ! にんにく日本一。

  • ガーリックセンターの顔ハメパネル

    5. ガーリックセンターでの撮影用。いいね、は ja-jp.facebook.com/garliccenter まで。

  • サンモールたっこ商店街のバスターミナル

    6. サンモールたっこ商店街のバスターミナル。木彫り。

  • サンモールの青森銀行ATM。窓には田子牛とにんにくのイラスト

    7. サンモールの青森銀行ATM。

  • 通りかかった配送トラックにも田子牛とにんにくのイラスト

    8. 豚は輪郭でアピール。

  • にんにくもそこそこに、
    今回の本命・池田ファームへ。

    首都紹介用のにんにく写真をおさえたので、そわそわしつつ先を急ぐことに。
    田子へ行ってみたかったのは、にんにく巡りが本当の目的ではありません。。

    理由はとても単純。美味しい「田子牛」が食べられるから! 今回もまた肉ネタ!?
    と思われてもしょうがない! なぜなら肉が大好きなのだから。
    (昔から肉しか食べない人と思われがちな私。野菜が苦手で肉が大好きなだけ!)
    最近は赤身肉や熟成肉ブームで、
    女の人も肉好きです〜という人も増えてちょっと嬉しいけれど、
    私はもっと好き! と日々楽しみながら、さまざまな肉を食べていますー。
    青森には、牛倉石牛、十和田湖和牛、八甲田牛、十和田牛など、
    ブランド牛が揃っていますが、田子牛だけは食べたことがなく初体験。

    そうなのです。田子町は、にんにく(の首都)だけじゃなかった!
    美味しい「田子牛」がいるまちなのです。これがお目当て!
    もちろんお店はリサーチずみ。
    田子牛を食べるなら絶対にここ! と強く心に決めていた「池田ファーム」。
    素敵な予感しかしない。いよいよ念願が叶う(肉になると大袈裟になる)。
    十和田を出るときに、お店が開いているかしっかり電話確認もしておいたし、、
    いざ、お目当ての池田ファームに向かったのでした。

  • 田子町の田園風景

    9. ガーリックセンターからは池田ファームまで10分ほど。のどかが続きます。

  • 池田ファームの外観

    10. ナビを頼りにまち中を進み、山道へと入って行くと、、、あった! 池田ファーム。牛のかかし? がお出迎え。その奥がレストラン。

  • 店頭にあるかかし。顔は牛とにんにくのハーフ

    11. お出迎えかかし。実際は牛とにんにくのハーフ。

  • 大きなログハウスが「レストラン フォーレ」

    12. 上・この大きなログハウスが「レストラン フォーレ」。下・広い敷地の中にはバーベキューハウスも! ここでも焼いてみたい! 楽しそう。

  • さっそく「レストラン フォーレ」の店内へ。
    レストランで扱っているのは黒毛和種で、A5ランクやA4ランクのもの。
    徹底した健康管理と、日本名水百選の湧き水などを使ったこだわりの飼育方法で育てているとのこと。
    星空日本一にもなったことのある、大自然の田子町で育つ牛、
    さっそく美味しさがわかる気がした。
    この日は甥っ子も含めて5人で田子牛をせめます。重いですが写真も大きめに。

  • 田子牛サーロイン定食と田子牛特上カルビ

    13. 主役登場。左・田子牛サーロイン定食(3000円)。手のひらふたつ分ほどもある大きなサーロイン! 美味しすぎる〜〜! こんなにさしが入っているが、、あっさり、甘い、溶ける。なんとも贅沢。 右・田子牛特上カルビ(単品・1700円)。

  • 田子牛ヒレ定食

    14. こちらは、焼く前のたたずまいからすでにノックアウトされてしまった、田子牛ヒレ定食(3000円)。田子牛美味しいかも!! と実感した瞬間なのでした。

  • 料理メニュー

    15. メニューは、サーロイン・特上カルビ・カルビ・ヒレ。それぞれ定食か単品で。お隣テーブルの方々は、要予約のおまかせコースを頼んでいた。どれだけスペシャルなのだろう、、、次回は絶対頼んでみたいーー! 売店で田子牛を買って全国配送も可能です。

  • 大きなテーブルにガスロースター

    16. 大きなテーブルにガスロースター。それぞれ思い思いに焼きに入る。

  • 煙が充満する「レストラン フォーレ」店内

    17. 中は煙でもくもく。美味しい匂いでいろいろ食べたくなってしまう。

  • 焼き上がったヒレ肉

    18. あまり焼き過ぎず、絶妙な火加減で食べるのが一番美味しいね。

  • 結局、全種類をオーダーしてました。。
    田子牛初体験でしたが、予想をこえて美味しかった! サーロインは肉と脂が甘くて甘くて、口の中で肉が溶けていく、、。
    ヒレは肉汁をとじ込めるように表面をしっかり焼いて一口、、柔らかい〜〜!
    田子牛って、普段食べている肉よりも、脂の旨味も抜群だった!
    品評会では青森県初の最高賞を受賞した田子牛。それを破格の値段でたっぷり食べられるなんて。。。
    田子牛&池田ファームに大満足して、帰路につきました。青森に来たら、ぜひ田子にも! にんにくと田子牛が待ってます。
    おしまいに、田子町の補足情報です。

  • 田子町のパンフレット

    19. 田子町のパンフレットには魅力的なネタがいっぱい。たとえば「にんにくとべごまつり」(べごとは牛のこと)。毎年10月上旬に開催されているこのイベントの目玉は田子牛の丸焼き、、、。一度は見てみたい。立ち食いバーベキューも大人気らしい。今年は絶対行こう!
    パンフレットはこちらにも。

  • たっこ王子マドレーヌ

    20. 気になる、、、「たっこ王子」なるイメージキャラクター。もちろん田子町のパンフレットにもたっこ王子。たっこ王子のキャラクター第1号の商品「たっこ王子マドレーヌ」では、5種類の絵柄があるらしい。にんにく王国サンモールたっこ店、池田ファーム、ガーリックセンター、インターネットで買えます。今注目!?の的?

  • 池田ファームの看板

    また行く!

  • information

    池田ファーム・レストラン フォーレ

    住所 青森県三戸郡田子町田子池振外平11
    TEL 0179-32-3327
    営業時間 11:00 〜 19:00(L.O.)
    無休

    map

writer profile

Rikako Sakurada

櫻田理香子

さくらだ りかこ●元スタイリスト。青森県十和田市生まれ。O型。
17歳の頃、進路を悩んでいる時にオリーブ編集部スタッフに出会い、スタイリストアシスタントやってみない? とお誘いを受ける。撮影でお邪魔した翌日からアシスタントとして編集部でお世話になり試練の日々。独り立ち後、編集部を離れ、多方面で活動。食にも興味が出てきて、期間限定レストランやケータリングなどもこなす。10代20代の頃の大忙しさから解放された現在、実家の青森と東京を行ったり来たりと生活中。

Feature  これまでの注目&特集記事