colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

連載

47都道府県のワーストを
アプリで解決(したい)!
第25回:鹿児島

面白法人カヤックの
「全国ワーストバスターズ!」
vol.025

posted:2013.9.17  from:鹿児島県  genre:エンタメ・お楽しみ

〈 この連載・企画は… 〉  北海道から沖縄まで日本列島を縦断しながら、
47都道府県のワーストをスマートフォンアプリで楽しく解決!
いっしょにアプリつくりたいという人は、ワーストバスターズ事務局までご連絡をどうぞ。

profile

Worst Busters

ワーストバスターズ

面白法人カヤックと株式会社1192による共同プロジェクト。「日本全国のワーストをアプリで改善して、ハッピー&ピースフルな日本にすること!」をミッションに2012年夏より活動中。
worst.kayac.com

credit

イラスト:Kino Akimitsu テキスト:Hasegawa Tetsuji

第25回:「日本一炎上している鹿児島県!」

今回特集するのは、桜島のある鹿児島県です。
桜島の噴火がよくニュースになっていますが、
鹿児島県は、2011年の火災出火件数もワーストのようです。

もしかしたら、先日オリンピックの開催地が決まった東京よりも
いろんな意味で、熱い県なのかもしれません。
ほかにも、たくさんのワーストがありました。

情報公開度ワースト(2010)

コーヒー消費量ワースト

ブロードバンド契約数ワースト

不動産業界年収ワースト

若手医師比率ワースト

日本酒消費量ワースト

振り込め詐欺認知件数ワースト

ウイスキー消費量ワースト

小中学生長時間ゲームプレイ率ワースト

中学生長時間ネット利用率ワースト

束縛されたいワースト(男性)

恋人がまったくできそうにないワースト(女性)

料理、選択、掃除など家庭的なことが好きワースト

いちばん上の「情報公開度ワースト」とはなんでしょう?
検索したところ、「全国市民オンブズマン連絡会議」が調査しているようですが、
けっきょく、中身はよくわかりませんでした。でも、上のワーストを見るかぎり、
とりあえず鹿児島県は、ワーストの情報はどんどん公開しているようですね。

さっそく、アプリでワーストを解決していきましょう。

ウィスキーとコーヒーが好きになる「ウィスキーコーヒー」

ウィスキーとコーヒーをミックスさせたカクテルレシピのアプリです。
ウィスキーボンボンというチョコレートもあるくらいなので、
ウィスキーコーヒーもけっこうおいしいはず。

オーストリア発祥の、コーヒーにホイップクリームをいれた
ウィンナーコーヒーというものがありますが、あまり耳にしたことがないので、
ウィスキーコーヒーは、ウィンナーコーヒーに勝利して、
コーヒーバトルのウィナーになれるかもしれません。

ネット利用率ワーストを解決する「ねっとりネット」

21世紀になってからずっと流行っているインターネットですが、
鹿児島県では、いまひとつなようです。

たったひとつの写真で、炎上してしまう昨今、
ネットにつながらないということは、リスクがないことかもしれません。
しかしネットを使わないと、この連載も見られないので、
やはり、ネットを使うべきです。

ネット利用率を上げるアプリ「ねっとりネット」。
スマホでネットを使っている人に対して指示が出て、
ネットを使っていない人に、ネット加入を促進させます。

「ねぇねぇねぇねぇ('n')インターネットでしか見られない
あんな画像やこんな画像が見られるよぉー!」

とか、

「ねぇねぇねぇ('n')メールがあれば、気軽に告白できるよぉー!」

など、しつこくねっとりとした言葉で
ネット加入を促す指示が飛んできます。

こんなウザい人たちの対処法を調べるのにも
ネットが便利であることを知ってもらえるでしょう。

振込め詐欺被害ワーストを解決する「振込め詐欺ドッキリ」

振込め詐欺のドッキリで、自分の両親や知人をダマすアプリです。
振込め詐欺の方法がたくさん書かれていますので、
それにしたがって、ターゲットをダマします。

いちどダマされた人は、ダマされにくいだろうという仮説をもとに、
どんどんドッキリをしかけます。
振込め詐欺のドッキリをしかける人は、犯人の気持ちがわかるので、
いざ自分が振込み詐欺に遭ったときにも、
それが詐欺だとわかる可能性が上がるはずです。

引っかかった人たちも、本当の振込め詐欺に遭遇したときに、
「またドッキリ?」と冷静に対処することができるはず。

日頃の遊びで、犯罪が防げたら、最高ですね。

次回は、山口県!

山口県といえば、現在の下関周辺にあたる
「壇ノ浦の戦い」が有名ですね。いまだったら、「壇ノ浦の戦い」よりも
「壇蜜の裏の戦い」のほうが惹きがあるかもしれません。
ちなみに、壇蜜さんは、やはり秋田県出身でした。

2020年の「東京オリンピック」の開催が決まりましたが、
どうやら「がんばれ東京」は、公式スポンサー以外使えないようです。
もし山口で「山口オリンピック」が開催されるのなら、
「がんばれ山口」が禁止になるのでしょうか? そうなったら、
日本中の山口さんが誰からも応援されなくなってしまいますね。

とはいえ、東京に決まってよかった!
がんばれとうky……おっと、あぶない、あぶない。
次回も、お楽しみに! アディオス!

鹿児島大仏くんの大仏訓

鹿児島より、桜島のほうが全国ニュースになってるなぁ……。

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ