colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

連載

47都道府県のワーストを
アプリで解決(したい)!
第8回:群馬

面白法人カヤックの
「全国ワーストバスターズ!」
vol.008

posted:2012.12.27  from:群馬県  genre:エンタメ・お楽しみ

〈 この連載・企画は… 〉  北海道から沖縄まで日本列島を縦断しながら、
47都道府県のワーストをスマートフォンアプリで楽しく解決!
いっしょにアプリつくりたいという人は、ワーストバスターズ事務局までご連絡をどうぞ。

profile

Worst Busters

ワーストバスターズ

面白法人カヤックと株式会社1192による共同プロジェクト。「日本全国のワーストをアプリで改善して、ハッピー&ピースフルな日本にすること!」をミッションに2012年夏より活動中。
worst.kayac.com

credit

写真・イラスト:barimi テキスト:Hasegawa Tetsuji コーディネーター:Ohata Junko(Gunmar)

第8回:「ぐんまちゃんと群馬サファリパークに行ってきた!」

こんにちは。いきなりですが、旅のご報告です。

ワーストバスターズ隊員で、群馬のゆるキャラぐんまちゃんと共に、
群馬サファリパークに乗り込み、

ダチョウとエサの奪い合いをしたり、

ラマに唇を奪わりたりしました。

さすがに、トラやホワイトタイガーと戯れるのは、ご遠慮しました。
向こうは遊んでいるつもりでも、こっちは命の保証がありませんからね。

さて、今回ワーストバスターズがスポットを当てるのは、群馬です。
とりあえず、インターネットの力を使い、群馬で画像検索してみました。

……群馬ってスゴいところなんですね。群馬県庁とか、ほぼテントです。。。
もちろん私は、ネットにあふれる情報を100%信じるほどピュアではありません。
ここで突然、「若者よ! パソコンを閉じて街へ出よ!」
というその昔、出会い系サイトか18歳未満閲覧禁止のサイトで見た
キャッチコピーを思い出しました。これはもう群馬に行くしかないと思い、
ワーストバスターズ初のロケを決行。県庁所在地の前橋市へ!

せっかくなので、群馬ということで馬面になってみたのです。
ゆるキャラコンテストで3位に輝いたぐんまちゃんも、
地元群馬で育ち、働いているコーディネーターさんが連れてきてくれました。
ぐんまちゃんを引き連れ、さっそく群馬県庁の本物の姿を確かめに。

おおお!!! 画像検索では、ほぼテントでしたが、本物は立派です!
展望台があり、年中入れるようで、休日にもかかわらず、
家族連れで来ているお客さんがたくさんいました。
すばらしい景色。群馬県庁は、群馬の六本木ヒルズです。
あぁ、この景色、ぜひ生で見てほしい。生で見て、写真に撮っていれば、
群馬の画像検索で、野蛮なイメージが出現することもなくなるはず。

群馬のワーストイメージを変える「ホーム焼きまんじゅう」

つづいて、群馬の名物「焼きまんじゅう」を食べにいきました。

とても、いい感じの雰囲気です。

これ、じつは見た目と食べた時の味のギャップが、フグくらいあります。
まんじゅうと聞くと、もちもちのイメージがありますが、
和風フレンチトーストと名づけてもいいくらい、ふわっふわっ。

でも、この焼きまんじゅう、その場で焼かないといけないので、
おみやげにはできません。なので、群馬県外の人にあまり認知されてません。
これを逆手にとって、このまんじゅうで群馬に人を呼べば、
本当の群馬を見ることができ、
群馬の画像ワーストイメージを変えられるのではないかと思います。

そこで考えたのが、「ホーム焼きまんじゅう」です。
これは、スマホのホーム画面に、焼きまんじゅうを置いておけるアプリです。
焼きまんじゅうを並べ替えたりして、パズルのように遊ぶこともできます。
これを毎日見ることで、きっと本物の焼きまんじゅうを食べに行こうと思うはず。

ジワジワお肉が食べたくなっちゃう「肉汁シズール」

つづいて、群馬県人があまり行かないという、群馬サファリパークへ。
お昼は、行く途中に買った登利平の弁当です。

コーディネーターさんいわく、群馬県人は、みんな食べたことがある鳥めし!
タレがとても美味いー! …ところが、群馬の鳥肉消費量は、ワーストなのです。
さらに、牛肉の消費量もワースト。焼きまんじゅうの食べ過ぎでしょうか。

このワーストを解決するために考えたアプリが「肉汁シズール」です。
1日数回、「ジューーーー!!!!」っとお肉を焼いた音が鳴ります。
これで、お肉を食べたくなること、まちがいなし。
ちなみに、シズルという単語の語源は、ステーキを焼く音なのだそうです。

北関東ブランドをつくる「来た感動! 北関東マップ」

群馬には、群馬の文化や観光名所をカルタにした「上毛カルタ」があります。

こどもの頃からやるので、群馬県人は、
群馬のチャームポイントをみんな知っているのです。
自分の育った県の良いところって意外といえないものなので、
これは、なかなかすばらしいアイデアですね。

しかし、群馬はブランド力がワースト。群馬どころか、茨城や栃木も下位。
こうなったら、ブランド力がないもの同士で、チームを組むしかありません。
「来た感動! 北関東マップ」の誕生です。

このアプリは、群馬、茨城、栃木の観光スポットをまとめたマップです。
いっそ北関東県という新しい県でひとつになれば、ほかの県にだって勝てるはず。
もしも予算が許すのなら、キターーー!!!!!!
でおなじみの、あの人を北関東のイメージキャラクターにしたいところです。

次回は初の四国! 投票率ワーストの高知県です!

この前おこなわれた選挙の投票率、高知は53.94%!
なんとか2人に1人は行ってるようですが、
投票率ベストの島根県の65.74%に比べると、10%以上ひらきがあります。

坂本龍馬を生んだ、高知の投票率をなんとか改善したいところ。
今回は2012年最後ということで、気合入れて現地まで行きましたが、
次回は、通常ヴァージョンです。ブレストに参加したい方は、ご連絡を。

そしてそして、なななんと、群馬サファリパークからの帰り道で、
さりげなくミラクルが起きました。等身大のぐんまちゃんに会えたのです!

人形のぐんまちゃんより、着ぐるみのぐんまちゃんのほうが、
目がクリッとしていて、とてもカワイイです!
みなさんもぜひ、ぐんまちゃんに会いに行きましょう。
それでは、よいお年を! アディオス!

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ