colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

連載

金岡くん総集編の巻

だるま忍者コロカルくん
vol.013

posted:2014.4.22  from:和歌山県和歌山市  genre:エンタメ・お楽しみ

〈 この連載・企画は… 〉  コロカルの人気記事だったり、コロカル商店で話題の地域産品だったり、
はたまた自分のノベルティグッズだったり。
だるま忍者コロカルくんは、今日も面白ネタ集めに奔走してます!

毎週「金岡新聞」を発行してくれた金岡くんに、
感謝感謝でござる!

にんにん! コロカルくんでござる!
先日、ついに200号を持って終了した「金岡新聞」。
金岡新聞は和歌山県在住の小学生、金岡 陸くんが編集長として、
毎週発行していた新聞でござる。
地域のこと、学校のこと、社会のことをA4の用紙1枚にまとめ、
ご近所や小学校のお友だちに配布していたのでござるよ。
金岡くんの視点と編集力は、大人もびっくりの立派な新聞だったでござる。
小学校2年生から6年生までの約4年間、おつかれさまとありがとうの想いを込めて、
金岡新聞の軌跡を紹介するでござる!

第1号はわら半紙に鉛筆書き

金岡新聞の歴史はここから始まったでござる。
金岡くん、当時小学2年生だったでござる。
2010年1月20日に発行した第1号は、わら半紙に鉛筆書き。
トップニュースは「ことわざあそび」。
ことわざはその後の金岡新聞にもよく出てきたでござるね〜

コロカル初登場は2012年12月13日号

コロカル創刊当時から話題になっていた金岡新聞。
金岡くんは学校がお休みになると更新をお休みするので、
これが2012年ラストの金岡新聞だったでござるね。
小学校4年生の金岡くんにも会いに行ったでござるよ〜

金岡新聞編集長としての金岡くんと、
小学生の金岡くんの両面が見れたでござる。

東日本大震災を教訓に

毎年3月11日近くになると、
金岡新聞では、防災への喚起を行うのでござる。
2014年では、どんなものを備えておけば良いか、
再確認するきっかけになったでござる。
被災された方へのインタビューも行っていて、
震災を風化させないという意識が感じられる誌面でござるな。

金岡新聞最終号は、10年後の自分へのメッセージ

金岡新聞最終号は、ちょうど200号目。
10年後の自分へのメッセージは、
金岡くんが和歌山を愛する気持ちが伝わってくるでござるね。
金岡くんの興味と好きなものがつまった金岡新聞。
最終号まで、金岡くんらしい誌面だったでござる。

コロカルくん、金岡くんに電話をしてみたでござる。
今は、中学に通うのが楽しくて仕方ないそうでござる!
部活動は、中間テストが終わってから、じっくり考えるそうでござるよ。
中学でも大きく羽ばたいてほしいでござる!
また「コロカル」で会えるのを楽しみにしてるでござるよ、金岡くん。

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ

    Recommend