colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

連載

あゆみさん(大阪市)

渋谷直角の美女とスカイプ
vol.010

posted:2014.5.3  from:大阪府大阪市  genre:エンタメ・お楽しみ

〈 この連載・企画は… 〉  全国の地元を愛する女の子にスカイプでオンラインインタビュー! 
その地域の魅力をいろいろ教えてもらいます。
ライター&漫画家の渋谷直角によるニッポンローカル美女探訪。

writer profile

Chokkaku Shibuya

渋谷直角

しぶや・ちょっかく●1975年、東京都生まれ。ライター、漫画家。雑誌「SPA!」や「ケトル」などで活躍中。人気ブログ「ロベルトノート」をまとめた書籍『直角主義』(新書館)が絶賛発売中。

クリエイター系美女との会話はいかに??

地方の美女たちとスカイプで会話するこのコーナー!
今回はクリエイター系美女IN大阪!!!
洋服をつくっているという彼女の、独特の世界観をご堪能アレ!!!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回のスカイプ美女

あゆみさん
(大阪市在住 29歳・デザイナー)

※ページ最後にスカイプやりとりのまとめ動画あります!

Page 2

えーと、あゆみさん。

あゆみです。

大阪の方ですか。

大阪です。

生まれも育ちも?

生まれも育ちも。

あの、完全にフォークロアな感じがスゴイ んですけど。
↑UA的なイメージのみで言ってる。

はははは。背景のせいじゃないですか。

背景のせいですかね。え、ココはどこなんですか?

これ、私の家なんですけど、服をつくっていて。
ぺーどろりーの」っていうブランドをやっていて
その作業場が1階なんです。商店街の中のひとつの、お店を借りてて。

そうなんですね。うしろの、わさーっとしたワラっぽいのは何ですか?

これは飾りなんですけど。シカの角で。

へえー。

何年か前に、
シカ狩りにいったときに、私が食べたシカの……、
残ったやつです。

え、へえ…。
↑早くも戸惑っている。

(笑)

一頭丸々食べたんですか?
↑質問、そこ!?

や、みんなで分けたんですけど。

すごいですね。
それもある種デザインだ、 みたいな。
↑何を言ってるんだ……?

んー、デザイン。なんだろ。飾りですけど、忘れないでおこうと思って。

へえー。そこは、お家でもあり、お店でもあるんですか?

なんかね、買いに来てもらえる作業場 にしようと思って……。
前は実家で服つくってたんですけど。

独立されたんですね。

これ、何しゃべるんでしたっけ(笑)?

あ、なんか地元のプレゼンというか。

このへんのプレゼンってことですか?

そうです。そこは大阪のどのへんなんですか?

東成区。

東成区。

大阪市内のいちばん東はしにあるんですけど。
ここ、神の路ってかいて、神路商店街っていうんですけど、
昔、お伊勢参りのときとかに、大阪中の人が
ここの路を通って参拝していたらしくて。

ふーん。

菅笠の産地 で。
いまでも 伊勢神宮の式年遷宮には奉納してる らしいです。
2000年前くらいから大和国の笠を縫うことを生業にした一族の人たちが
引っ越してきて、つくったらしいですけど。

へえー。由緒ある感じの。あゆみさんはそういうところも好きで、
そこに住んだんですか?

いえ、たまたま条件があって住んだら、そういうところで。めっちゃ嬉しくて。

へえー。髪型って、メッシュですか?
↑ものすごい、流れをブッタ切る男……。

これ、白髪のおばあちゃんの髪型にめっちゃ憧れがあって。
白くしたくてブリーチしたんですけど。
ちょっとヤンキーっぽさ止まりだったんで、切りました(笑)。

ははは。ちなみに、つくってる服ってどういう感じなんですか?

つくってる服か。メンズの服があるんですけど……
(ゴソゴソ)こんな感じ。

……ん? どうなってんだ、これ?(笑)。ジャケットですか?

これはジャケット。で、古い着物の生地がこの商店街で手に入るんです。
すごくいい生地が結構あるので。裏返すと、着物の生地になるんです。

へえー。すげえ〜。

リバーシブルものをよくつくったり とか。

そうなんですね。ちょっと、リメイクっぽい感じなんですか?

そうですね。いまのところ。あとカバン とか。

カバンもつくってらっしゃる。

いま、いいのがない……。このカバン、
パンパンに入れると球体になる んですけど。

はははは。なるほど。

なんか私、コレ(美女とスカイプ)、
前情報が全然なく登場したんですけど。
何にも説明されてなくて。

あ、この企画に。説明されなかったですか(笑)。
↑ゆるすぎるオファー。

なんか、パーっと見て、私浮くんちゃう? って……。

いやいや、大丈夫ですよ、大丈夫ですよ。
歌を歌ってそうですよね。
↑唐突! そしてまたUA!

歌はね、歌ってないんですよ。

あ、そうですか。好きではない?

最近、民謡習い始めました。まだ1回しか行ってないんですけど。

なんで習おうと思ったんですか?

なんか……、あたし、あんまり音楽よくわからないんですよね。
ロックとか意味わかんなくて(笑)。

へえー。

演歌とか、民謡とかがめっちゃいいなーって思う から、
ちょっと知りたいなと思って。
この近くに、今里新地 っていう古い遊郭があるんですよ。
いまもたぶん現役の遊郭なんですけど、
本物の芸妓さん上がりのおばあちゃんとかが、
安く教えてくれる
んですよ。

じゃあ、いま、歌ってもらっていいですか?
↑すぐ歌わせようとする。

いえ。まだ1回しか習ってないんで。
↑断られる。

そうですか。
↑すぐ引き下がる。

何にも覚えてないんで。また次の機会にお願いします。

じゃあ、そのときは ライブ でお願いします。
↑なんで……?

Page 3

好きなタイプは……?

よく大阪のおばちゃんって話かけてきたりするって言うじゃないですか。

はいはい。

そういうのはないんですか?

めっちゃありますよ。いきなりバーって入ってきて、
“生地屋さんなん!?”って(笑)

へー。

着物持ってきたらつくってくれんの!? って。そういうのはよくあります。
こないだ、『幸せボンビーガール』って番組 が取材に来たんですよ。知ってます?

知らないです。

日テレの番組で。その放送の次の日とか、おばちゃんが家の前で、
テレビ見たでー!! ってなぜかドア越しに話しかけてきて。
がんばりやーってお菓子もらったり
とかしましたね。

あゆみさんは、幸せボンビーガールなんですか?

ボンビーなわけでもないんですけど、変な物件なんで、ここが。
なんか変な生活をしてる女の子の家に、タレントが上がり込んで、
物色する、って番組で。

誰が来たんですか?

DAIGOさん。

DAIGO来たんだ(笑)。へえー。すごいですね。
↑ちょっと予想外の人選で笑った。

あんまりDAIGOさんのこと知らなくて。テレビ見ないんですよ、私。
ひとり暮らしの女の子で、DAIGOさん来たらキャーッ、ていうのも
撮りたかったのかもしれないですけど……。
申し訳ないことしたなって、のちのちね。

ははは。イケメンというか、カッコイイ感じの人ですよね。

そうですね。

あんまり好みのタイプではない?

好みではないです(笑)。あはは。

もっと、マタギみたいな男が好きですか。
↑またイメージでモノを言う…。

マタギ……、好きですね(笑)。

イノシシの皮かぶってるような。

生き残れるタイプの人が好きです(笑)。

あゆみさんがつくってるような服っていうのは、わかりやすく言うと、
どういうジャンル なんですか? モード?

なんやろ。作家系? 作家もん、なんじゃないですか。

ああ。独自の世界を〜、みたいな。

私の中では、神様コスプレっていうテーマ があって。

はあ。

神様っぽいシルエットの人が、
特に女の子が、そこにいるだけで、
なんか空間がよくなりそう
じゃないですか。

はあ。パワーというか。

うーん。なんか おめでたーくさせる力がある と思うんで。女の子って。
だからこう、ピタピタの、着心地悪そうな服じゃなくて、
ゆるーくて、着てて幸せそうな服を着せたほうが、
まちもよくなるんちゃうか
っていう思いでつくってるんですけど。
↑すごいテーマだ……。

あゆみさん、失礼ですけど、おいくつなんですか?

29です。

あ、29。や、落ち着かれてるので。

そうですか?

少々のことには動じないんじゃないですか。

いやいや、そんなことないですよ。

テンパったりします?

しますね。今日も、作業が全然進んでなくて。
このスカイプのこと忘れてた んです。

ははは。

すいません。

いえいえ。あゆみさんの服って、大阪でしか買えないんですか?

大阪ではあんま売ってなくて。
大阪ではココで買ってほしいな、って思ってるんですけど。
東京だと、代々木のボコ さんってお店とか。
ひとりでつくってる人の服とか作品を置いてるセレクトショップなんですけど。
あと 秋葉原のゴカイ さんにも納品してます。

へえー。さっきの着物のリメイクとかは、いくらくらいするんですか?

んー、モノにもよるんですけど、1万円くらいから……。

あ、それくらいなんですね。

4万円くらいまで。

ああ、でもバカみたいに高いわけじゃないんですね。

そうですね、うーん。

すごいですね。ずっと大阪でやろうかなーって感じなんですか?

んー、あんま何も考えてなくて。東京……ねえ、
東京どうなんですか?

え。東京は嫌い?

大変そうでしょ。生活する場所じゃないな、って思うんですけど。

うーん、でもそんな大阪と変わらないんじゃないですか?

家賃、倍でしょ?

ああ、いいとこは高いと思いますね。やっぱ安いんですか? そこは。

ここは安いですよ。

Page 4

逆に質問されるオレ

あゆみさんは、イケメンにすごくモテそうなイメージ ありますけど。

そうですか?

みんながカッコイイ〜! って思う男の人が、寄ってくる感じ。

あんま、わかんないですね。

男ってシャボン玉だな、ってところ、あります?
↑どんな質問だ……。

は(笑)?

つまんねえ生き物だな、って感じあります?

いや、めっちゃ美しい生き物 だなって思いますよ。
女のほうがドロドロしてるし、汚い部分というか……、
現実的なところとか、情念がすごかったりとか。
あとまあ、生理もあるから、感情にすごい波があって。
男の人ってもっとピュアじゃないですか。最近そう思う ようになって。

最近何かあったんですか?

最近……、いや、何もないです(笑)。

濁しましたね。

直角さんは、どういう人なんですか?

あ、僕、ライターです。

なんで美女とスカイプしてるんですか?
↑根本的な質問!

はははは。あの、女の人と、初対面の人と喋るの、得意じゃなくて。

え、でも誰でも苦手なんじゃないですか?

や、そんなことないですよ。こう、もっと流暢な感じでできればという。

その練習なんですか。

そうです。リハビリに、いま、あゆみさんにつきあってもらってるんですけど。

慣れました?

なんか、この連載も、最初のほうはもっとドモったり
無言になったりしてたんですけど、最近は結構慣れてきてしまって。

ああ。

慣れてきたぶん、そういうスリリングさがなくなってきて。

ああ、そういうとこが面白かったのに……。

そうです。ジレンマを感じてます。
↑素直!

実生活では慣れたんですか?

あ、あのー、
僕に完全に興味を持っているという前提の女性と喋るなら アレです。
ものすごい態度デカイ です。

(笑)。そんな状況あるんですか?

や、なんか、“いつも読んでますー”みたいな入り口から来てもらえれば……。

はははは。

ああ、そう〜? ん、で? ○○チャンはどーなの〜?
何だよそれ〜、バカヤロ、
みたいな。

はははは。

でもそうじゃない、
興味持たれてない場合はもうすぐに、
心を閉ざして。

↑面倒くさい男……。

うわあ。

隅っこのほうにいる んですけど。はい。

はー……。

でも、服飾の人って、女性に慣れた男の人とか多いんじゃないんですか?

私、全然そういう関わりないんですよ。アパレルとかの。
ひとりでつくってるんで。

え? でも展示会とか……。

そういうのやってないんですよ。今年からはやろうと思ってるんですけど。
でも、オシャレしてる男の子って、あんまりいいと思えなくて。

へえー。『ポパイ』とか読んでる ような男は……。
↑なんで、わざわざこういう固有名詞を出すんだろ、俺……。

ポパイはあんまわかんないんですけど……。
肉体労働系の人とか好き なんですよ。
服に気を使ってる男の子って、女々しく感じる んです。
普通に似合ってる服着てれば……。

じゃあ、あゆみさんがいままでつき合ってきた男の人は、
みんな 労働者感あふれる人 だったんですか?

なんか、コーナンの服 着てたり。

コーナン?

あ、ホームセンターです。そこで買ってるような。
変なダウンとか。綿なんですけど、中(笑)。

犬の絵がでっかくプリントされてるやつとか。

そこまでじゃないですけど。それはそれで、
服に興味ない俺アピールなのかもしれないですけど。
似合ってるからええやん? って思いましたけど。

Page 5

さらに鋭いツッコミ

雑誌とか読みます?

雑誌、読まないんですよ。……『カジカジ』とか?

ああ。『Meets』とか。

そうそう。え、雑誌をつくってるんですか?

や…、うーん……、まあまあ、そうですね。

何て雑誌つくってるんですか?

う……、いや、僕、あんま、コラムとか、そっち系になっちゃうので……。

コラム。何系に強いんですか?

うう〜〜、あんま、強いのとかは…、ないかなあ……??
こう、全体的にフワーッとした感じでやってきたんですけど。

よく仕事がありますね。

ははははは! そうですねえ。
↑ホントそう!

東京ってすごいですよね。情報屋さんとかめっちゃ多いですよね。

情報屋?

何かをつくってるわけでもなく、
まあ、紙面とか番組とかをつくってるとは思うんですけど、
情報を扱ってる仕事でやっていけるって、凄いなあと思いますね。

へえー、大阪はあんまいないんですか?

大阪、いないです。ファッション誌だってカジカジくらいしかないし、
大阪でやってる面白い人めっちゃいるのに、誰も知らない。
伝える役割の人がいないんです。

面白く紹介してくれる人が。

たぶん、それが仕事にならないんですかね。
やったら面白いのにな、と思いますけど。

え、ちなみにあゆみさんが知ってる中でヤバイな、って人は?

えっとね、ダダリズムって人がいるんですけど。

ダダリズム。

地図、コレなんですけど。
↑十字の線と四角のみが書かれたもの。

え? なんの地図(笑)?

この線が、南海電車で、こっちがJR。ここが新今宮駅なんですけど、
そこの ビル1棟をドラムのふたりが借り切ってて、
そこで毎月2回ライブ
やってるんです。
その人たちがめちゃくちゃスゴイんですよ。

へえー。

空間もめっちゃカッコよくつくってて。ただの廃墟やったんですけど、
アンティークとかいろんなもんを置いたりして、めちゃめちゃカッコイイんです。

現代アートっぽいのかな……。

スタイル自体はそういうのに近いのかもしれないですけど。
この人たち、全然宣伝せえへん から、このビルに行かないと、
このフライヤー手に入らないんですよ。
しかもライブに行かないと、次のライブの情報がわからない。
だから、毎回お客さんの数が減ってる んですよ(笑)。

はははは。

ドラム2台が向かい合わせになってて。
なんかねえ、YouTubeとか観てみてくださいよ。
大阪きたときは絶対観たほうがいい
ですよ。

へー。あゆみさんは毎回観に行ってるんですか。

行ってますね。みんなに薦めまくってるんですけど。

最初、音楽わかんないって言ってましたけど、ダダリズムは別?

別です。

ドラムだけなんですか? サンプラーとかもなく?

ドラムだけ。聴いたことない音楽。頭おかしくなるくらいカッコイイ。
めっちゃ狭い部屋でやるから、部屋にあわせてチューニングして、
叩いてない音が後ろから倍音で鳴ったりするのもめちゃヤバイんですけど。

~~~~~~~~~~~~~~~~~ タイムアップ!!!!! ~~~~~~~~~~~~~~~~~

[ 直角の感想 ]

や、今回はいままでと違うパターンの美女でしたね。
わりとね、こういうクリエイター系の方とはね、話せるんですよ、僕。
フィールドがある程度近いぶん、こう、わかるというか。
ニュアンスで会話できるというか。でも、
「よく仕事ありますね」と素直に言われたとき、
ハッとしましたね……。
こんなんで、よく仕事がありますよ……。

[ 美女の感想 ]  (本人がいないところで美女に訊いてみました)

今日、コレがあること忘れてたんで、テンパりました。
人と会う予定じゃなかったんで、テンションが変な感じで(笑)。
直角さんって、有名な方なんですか? 
え、マンガも描いてるんですか。なんてマンガですか?
『カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生』?
……ひねくれ系ですね、なんか。
そういう人なんやあ……。

[ おさらい動画 ]

Tags  この記事のタグ

Recommend