colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

山口県周南市が
「しゅうニャン市」
になります?!

コロカルニュース

posted:2017.1.20  from:山口県周南市  genre:活性化と創生

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

山口県の東南部にある周南市が、しゅうニャン市に改名?!
このたび、シティプロモーション推進事業として
“しゅうニャン市”という愛称をひろめる
〈しゅうニャン市プロジェクト〉を本格始動しました。

なぜしゅうニャン市に?!
それは、2016年4月1日に、周南市の市長が
「周南市はしゅうニャン市になります」と宣言したエイプリルフール動画から。
キャッチフレーズは“人がネコになれるまち”。

市民一人ひとりが、ネコのようにのびのびと自由に、
居心地よく暮らせるまちを共にめざし、
周南市への誇りと愛着を深めていく取り組みを行うのだそう。

今後は、2017年1月22日から公開されるスペシャルサイト
コンセプト動画やポスターなどのクリエイティブを展開。
地元企業とのコラボレーションを進める〈しゅうニャン市パートナーズ〉や、
市民によるプロジェクト支援〈しゅうニャン市サポーターズ〉募集など、
まち全体がひとつになるプロジェクトを行います。

しゅうニャン弁当

こちらは取り組みのひとつ、
周南市の旬の食材がぎゅっと詰まった〈しゅうニャン弁当〉!
プロジェクトではとくに“食”に関わる企画に力を入れ、
地場の食材のPRに繋げていくそうです。

次のページ
光るしゅうニャンキューブ?

Page 2

光るしゅうニャンキューブ

こちらの〈光るしゅうニャンキューブ〉は、
地元で開催された駅前のイルミネーションイベントにおいて、
商工会議所とのコラボレーションで実現したオブジェ。
今後は地元の企業・団体(しゅうニャン市パートナーズ)と
のコラボレーションを広げていくそう。

しゅうニャン市という愛称を、市の認知度アップや、
市民のシビックプライドの醸成などに活用する本プロジェクト。
シビックプライドとは、地域に対する市民の誇りのこと。
今後どのような企画が行われるのか楽しみです。

information

山口県周南市 しゅうニャン市プロジェクト

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ