colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

水平に開ける
〈おじいちゃんのノート〉が
〈ジャポニカ学習帳〉とコラボ!

コロカルニュース

posted:2016.8.5  from:東京都北区  genre:ものづくり

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

2016年1月、「うちのおじいちゃんノートの特許とってた…」
という従業員のお孫さんのツイートから始まった、
〈おじいちゃんのノート〉の物語。

〈おじいちゃんのノート〉とは、
東京都北区で〈中村印刷所〉を営む二代目、中村輝雄さんが
2014年10月に開発したノート〈ナカプリバイン〉のこと。

左右の段差が出ず、水平に180度開けるという性能があり、
特許は取得したものの、販売には結びつかず、大量の在庫を抱えていました。
それが、ツイッター上で宣伝をしたことにより、
“ありそうでなかったノート”として3万以上のリツイートと、
3万冊以上の注文が入るなど、大きな反響を呼んだのです。

そしてこのたび、ノートはさらに大きな展開を迎えました。
なんと、ジャポニカ学習帳を製造・販売している、
富山県高岡市の〈ショウワノート〉が、中村印刷所のビジネスパートナーに!

小学生向けノートのトップシェアブランドであるショウワノート。
2017年春の商品化を目指し、共同で水平開きの
小学生向けのノートを製造・販売するのだそう。

これまでは、手作業で作成していたため、
1日300冊の制作が上限だったおじいちゃんのノート。
これからは、ショウワノートで量産できる体制がつくられるほか、
販売のインフラを活用することで、
より多くの小学生にノートが届く環境が生まれそう。
たくさんのこどもたちが、おじいちゃんのノートを使う日が楽しみですね。

information

おじいちゃんのノート

Feature  注目情報&特集記事「日本のクリエイティブ」

Tags  この記事のタグ

Recommend