colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

〈かつうらビッグひな祭り〉
開催中。迫力満点!
写真に収まりきらないほどの
お雛様がずらり

コロカルニュース

posted:2016.3.1  from:千葉県勝浦市  genre:ものづくり / エンタメ・お楽しみ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Maruko Kozakai

小堺丸子

こざかい・まるこ●東京都出身。
読みものサイト「デイリーポータルZ」ライター。江戸っ子ぽいとよく言われますが新潟と茨城のハーフです。好きなものは犬と酸っぱいもの全般。それと、地元の人に頼って穴場を聞きながら周る旅が好きで上記サイトでレポートしたりしています。

ただいま千葉県勝浦市で大規模なひな祭りが開催中!
毎年大人気のイベントで、
勝浦市芸術文化交流センター・キュステをメイン会場とし、
興津(おきつ)会場、上野会場、総野会場、御宿会場など
各地区で工夫をこらした雛飾りを見ることができます。

なんといってもお雛様の数がすごい! 
すべて合わせると勝浦市の人口(約19,000人)を軽く超える、
約30,000体にもなるそうですよ。
また、日本全国から集められたとあって、
見たこともないような珍しい雛人形を見ることができます。

勝浦市芸術文化交流センター・キュステに飾られたお雛様。こちらの会場では8,000体が並びます。

一番豪華で目をひいた〈御殿飾り〉。京都の御所を再現したもので装飾が細かい! よく見ると御簾が二重になっていました。

菊の御紋もしっかり彫られています。す、すごい……!

屋根のついた御殿飾りは関西の雛飾りだそうです。お内裏さまとお雛様の位置も関東と逆ですね。

日本最大の〈享保雛〉。これだけ揃っているのは勝浦市だけだそう。

会場全体にたくさんのお雛様が並んでいる姿はまさに圧巻!
しかしこれだけの数のお雛様を、
いったいどこにしまっておくのか疑問にならずにはいられません。
雛飾りに詳しいボランティアガイドの方に尋ねたところ
「廃校や使われていない施設にしまっておく」のだそう。

次のページ
まちじゅうに雛、雛、雛!

Page 2

遠見崎神社の雛飾り。60段の石段に約1,500体が並びます。ボランティアの方たちが毎朝、並べているのだとか。

こりゃ大変だ!

雛飾りは屋内だけでなく、商店街の店先や神社の階段など
あちこちで見られます。
着物の端切れを使った雛人形の手づくり体験や
粘土でつくられた人形の色付け体験ができるお店もあり、
まち全体が賑やかな雰囲気です。

実はそもそも〈ビッグひな祭り〉というイベントは、
1989年に徳島県勝浦郡勝浦町で始まったのだそう。
勝浦という地名が共通するというご縁で、
およそ7,000体のひな人形を里子として譲り受け
2001年より千葉県の勝浦市でもスタートしたそうです。
さらにさらに、2012年には和歌山県東牟婁郡那智“勝浦町”でも始まったそうで、
“勝浦”がつく地名のまちはひな祭りの時期は賑やかになるという、
おもしろい状況になっています。

近くの商店街の店先にも飾られています。

30分でできる雛人形の手づくり体験。

椅子に座って記念撮影ができる所も。なにげに左の階段にも飾られています。すごい!

かつうらビッグひな祭りでは、他にもスタンプラリーや、
着物の着付けをしてくれるコーナー(事前予約)ほか、
日替わりイベントとして甘酒サービスや勝浦市音楽協会による生演奏など
内容は盛りだくさん! イベントは3月6日(日)までです。
ぜひチェックしてみてください。詳しくはこちら

information

map

2016かつうらビッグひな祭り

Webサイト:公式サイト

Feature  これまでの注目&特集記事