colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

卵かけご飯がさらにおいしくなる!
“小さな刃”で白身のドロッを
切りまくる〈まぜ卵〉がすごい

コロカルニュース

posted:2016.2.25  from:岐阜県関市  genre:食・グルメ / 買い物・お取り寄せ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Maruko Kozakai

小堺丸子

こざかい・まるこ●東京都出身。
読みものサイト「デイリーポータルZ」ライター。江戸っ子ぽいとよく言われますが新潟と茨城のハーフです。好きなものは犬と酸っぱいもの全般。それと、地元の人に頼って穴場を聞きながら周る旅が好きで上記サイトでレポートしたりしています。

“刃物のまち”として、700年以上の歴史を持つ岐阜県関市。
九州の刀匠・元重が関市に移り住んだことから刀鍛冶の技術が広まり、
いまや包丁・ハサミ・髭剃り・爪切りなど〈刃〉のつくものならなんでもつくっちゃう、
世界的にも注目される刃物の生産地です。

その関市でつくられる商品のうち、
リーズナブルでお土産にピッタリなものを発見!
生卵をかき混ぜるのにつかうグッズで、
その名もズバリ〈まぜ卵(まぜらん)〉です。

軽くて可愛い黄色のまぜ卵380円(税別)。これが優れもの!

まぜ卵はスティック状で、先に小さな日本刀のような刃がついています。
この刃によって、お箸ではなかなか切ることができない白身が
スパっと気持ちよく切れるんです!
しかもかき混ぜている間にあの白いヒモ状の〈カラザ〉もひっかけてくれ、
簡単に取りのぞくことができるという優れもの。
実際に使ってみました!

次のページ
いったいどれだけ混ざるのか!?

Page 2

短時間でこんなになめらかに仕上がります。うれしくてつい笑っちゃう。

まぜ卵と出会う前の、白身がドロっとしていたすき焼き

まぜ卵後のすき焼き。肉とよく絡みます!

こんな感じで、軽くかき混ぜるだけで白身のドロッと感がなくなり、
卵の舌触りが抜群に!
いつもの卵かけご飯も、このまぜ卵を使うとおいしさがランクアップしちゃいます。

また、生卵だけでなく、卵焼きやオムレツなど
焼き料理の見栄えが格段に変わるのもポイントです。
なお、先端に丸いボールがついているので器は傷つきません。
洗う時に刃に気をつける必要がありますが、
洗った後は専用の蓋がついているので安全です。

いったん使ったら誰かに報告したくなるまぜ卵。
サンクラフトのサイトから購入することができます。
ぜひお試しください!

information

map

サンクラフト〈まぜ卵〉

住所:〒501-3264 岐阜県関市池尻1924

TEL:0575-22-5511

Webサイト:公式サイト

Feature  これまでの注目&特集記事

    コロカル商店