colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

地方創生を
未来につなぐ可能性をさぐる
〈豊岡エキシビション2016〉

コロカルニュース

posted:2016.2.9  from:兵庫県豊岡市  genre:活性化と創生

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

2016年2月19日(金)、
兵庫県の北部に位置する豊岡市の魅力を発信する
イベント〈豊岡エキシビション〉が開催されます。
会場は、東京・丸の内の〈大手門タワー・JXビル〉
にオープンするスペース〈3×3 Lab Future〉。
「地方創生、その先」をテーマにした、授業形式のイベントです。

豊岡市において、人と自然の共生の象徴となっているコウノトリ。現在80羽近くが放鳥され、いたるところで見ることが。

〈豊岡エキシビション〉は、東京を舞台に7年前から毎年開催されている
情報発信のイベント。
豊岡市といえば、日本の空からその姿を50年以上にわたって
消していたコウノトリを、もう一度人里に帰す取り組みで知られるところ。
その試みは見事成功し、現在では約80羽が豊岡の大空を自由に飛んでいます。

このことを筆頭に、“ローカルであることを突き詰めることでグローバルに通用する地域を作る”
ということに積極的に取り組み、人口規模は小さくても、世界の人々から尊敬されて
尊重されるまち〈小さな世界都市〉の実現を目指しているんです。
さて、今年の〈豊岡エキシビション〉の内容は……

次のページ
メインテーマは〈地方創生、その先〉

Page 2

今年のメインテーマは、地方創生、その先。
豊岡市長・中貝宗治さんによる事例発表〈豊岡の挑戦〉や 
平田オリザさんによる〈コミュニケーション教育の紹介〉、 
地域活性化業界の風雲児こと木下斉さんの講演〈稼ぐまちが地方を変える〉、
ブックディレクターの幅允孝さん(BACH)がコーディネーターとなり、
『Discover Japan』編集長 杉村貴行さん、
『ソトコト』編集長 指出一正さん、
『自遊人』編集長 岩佐十良さんらがパネリストとして参加する
編集長会議〈メディアが見た地方〉、
株式会社 博報堂による〈地方移住・定住希望者の価値観把握調査結果の紹介〉などを開催。

授業参加者には、〈キハチ 青山本店〉による、
豊岡市内の食材を使用した“給食”も。

2014年の豊岡エキシビションで発売された小説家・万城目学書き下ろし小説『城崎裁判』に続き、第3弾が発表されます。企画編集は幅允孝さん(BACH)。

イベントの参加には、メールによる申込みが必要です。
氏名・所属(会社・学校等)・住所・電話番号を
こちらにメールで送信すると、お返事いただけるとのこと。
お問合せは豊岡市役所 大交流課 大交流係 
TEL:0796-21-9016まで。

information

map

豊岡エキシビション2016

住所:東京都千代田区大手町1-1-2

日時:2016年2月19日(金)14:00〜20:30

場所:東京・丸の内 大手門タワー・JXビル 3×3 Lab Future

内容:(※ 出演者、内容などは変更になる場合あり)

・講演「稼ぐまちが地方を変える」 木下 斉氏

・編集長会議「メディアが見た地方」

【コーディネーター】

BACH(バッハ)代表 ブックディレクター 幅 允孝 氏

【パネラー】

『Discover Japan』 編集長 杉村貴行 氏

『ソトコト』 編集長 指出一正 氏

『自遊人』 編集長 岩佐十良 氏

・事例発表「豊岡の挑戦」 豊岡市長 中貝宗治

・地方移住・定住希望者の価値観把握調査結果の紹介 株式会社 博報堂

・コミュニケーション教育の紹介 平田オリザ氏

・記者発表 NPO本と温泉 第三弾出版会見

共催:エコッツェリア協会

問合せ・申込み

兵庫県豊岡市役所 大交流課大交流係

TEL:0796-21-9016

FAX:0796-22-3872

E-mail:promotion@city.toyooka.lg.jp

Webサイト:URL

Feature  これまでの注目&特集記事