colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

今日のおやつ:
函館への愛がほとばしる!
イカそっくり、だけどコーヒー味の
「いかようかん」

コロカルニュース

posted:2015.11.27  from:北海道函館市  genre:食・グルメ / 買い物・お取り寄せ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

今日のおやつは、
北海道函館市の〈いかようかん〉。
函館名物の〈イカ〉をモチーフにしたようかんです。
地元・函館のお菓子屋さん「柳屋」さんによる、
函館への愛情がほとばしる個性派おやつ。
リアルな造形、ぎらぎらとしたテリ、
ここまでインパクトがある和菓子は見たことがありません…!
何で出来ているのかというと、ようかんの生地。
しかも、コーヒー味のようかんという、
これまた変わり種。
中には求肥とコーヒー味のあんが包まれています。
お値段は1パイ1,188円(税込)。

「けっして刺身にしないでください」という注意書き

アイデアがつまった〈いかようかん〉。
ぜひ炸裂するジョークも味わって頂きたい。
パッケージには「けっして刺身にしないでください」
という注意書きがありますが、
刺身以外にするのは難しいですよね…。

函館の風景

包み紙をほどき、パッケージを開けると、
夜明けの函館の風景とともに、
ポップアップするイカに刻まれた
“いかようかんのまち 函館”の言葉が。
それでは箱を開けてみましょう。

次のページ
さらにすごいことに

Page 2

つやつやしてます。

箱の中に横たわるイカはすごいインパクト。
ツヤツヤしたテリがまぶしい。
そして目が真っ赤です。充血しています。
このいかようかんが生まれたのは1997年。
菓子職人さんが、本店の改築記念に
ディスプレイ用に作ったものを商品化したのだそう。
ていねいな手作りで作られているので、
1日限定50パイの販売となっています。

輪切り

中には求肥とコーヒー味のあんが包まれています。
食べてみるとごくあっさりしていて、
コーヒー味がモダンでおいしいんです。
濃いコーヒーとも合いそうな今時のお味。
おみやげにしたら、すごく盛り上がりそう!
通信販売も受け付けています。

■柳屋〈いかようかん

函館市万代町3-13

TEL:0138-42-0989

Feature  これまでの注目&特集記事

    コロカル商店