colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

淡路島の食材で作った
「この日限りの奇跡の一皿」を、
明石海峡大橋の
ふもとで味わうランチ

コロカルニュース

posted:2015.11.9  from:兵庫県神戸市  genre:食・グルメ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

兵庫県神戸市、目の前にダイナミックな明石海峡大橋を臨むホテルセトレの
イタリアンレストラン「リストランテ・ミア・アルベルゴ」は、
淡路島を始めとした、兵庫県産の食材を使ったレストラン。
この「ミア・アルベルゴ」にて、2015年11月26日(木)に、
イベント「生産者トークby島みるセトレ」が開催されます。
淡路島から毎月異なる生産者をレストランに招き、
食材を育てることへのこだわりやその背景のお話を聞くとともに、
レストラン料理長が淡路島の食材で作った、その当日しか
食べられない「奇跡の1品」をご用意するというものです。
2015年11月26日(木)の11:30~14:30、
レストラン「ミア アルベルゴ」でお食事ご利用のお客様に、
「奇跡の1品」が、シェフよりプレゼントされます。
いったいどんな奇跡の「奇跡の1品」なんでしょうか…?!

第6回目となる今回は、
淡路島で有機農法に取り組む「花岡農恵園」さんが登場。
「花岡農恵園」は、タマネギなどの野菜は有機栽培で
無肥料無農薬栽培をしているほか、
合鴨農法で無農薬有機米栽培したお米「有機米 鴨の恵み」を手がけ、
その合鴨も生育すると「あわじ田助鴨」として頂く、という農園さん。
イベントでは、新米を使い燻製にした甘鯛のカルパッチョをのせ、
甘鯛の骨の出しをかける「新米を使った甘鯛のリゾサルト」が「奇跡の一品」として
提供されるそう。

これまで、淡路島というのは、神戸側にある
レストランからは、見るだけの存在でした。
このイベントを通じて、淡路島の食材のみならず、
「淡路島に暮らす人」や「淡路島を愛する人」たちとも、
明石海峡大橋の海峡の様に
海を越えてつながっていきたい。そんな思いで開催されるイベントです。

■「生産者トークby島みるセトレ

日時:2015年11月26日(木) 11:30~14:30

場所:レストラン「ミア・アルベルゴ」(ホテルセトレ内)

対象:ミア アルベルゴでお食事ご利用のお客様

Feature  これまでの注目&特集記事