colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

ニッポンのポスト「FUMI」
シンプルなデザインで、
日本の伝統的な美を表現!

コロカルニュース

posted:2015.6.11  from:東京都港区  genre:ものづくり / アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

郵便受けのデザインにもこだわりたい方に。
このたび、日本の伝統的な美を表現したポスト「FUMI」が発売されました。
日本の四季のうつろいや、光がつくりだす陰影を表現し、
極限まで要素を削ぎ落した、シンプルなかたち。
和風建築からモダン建築、また集合住宅まで、
様々なニッポンの玄関をいろどってくれることでしょう。
デザインは東京のインダストリアル・デザイン会社「S&O DESIGN」。
制作は群馬県で行われており、
東京の建築資材会社「杉田エース」から販売されます。

和の建築にも

モダンな建築にも

集合住宅にもしっくり

「FUMI」の色は、日本の美の意味が込められています。
瓜には、みずみずしい花を思わせる「薄桜」。
霞には、あるかなきかの水の色「瓶覗」(かめのぞき)。
松には、名庭の茶会をなつかしむ「抹茶」。
樹には、古都の家並みの木肌を感じる「焦茶」。
風には、星凍る厳冬の夜の色「鉄紺」(てつこん)。

左から霞、樹、松、風、瓜

Page 2

横からスライドするタイプ

手前に倒して開くタイプ

投入口のフタには衝撃を和らげるソフトアブソーバー付。ゆっくりと静かに閉まります。

「FUMI」は、扉を手前に倒して開くタイプと、
横にスライド(左開き、右開き)するタイプの二通りがあります。
サイズは投入口が263×38mmで、
日本郵便の簡易小包ポスパケットもすっぽり入る大きさ。
再配達依頼の手間が省けますよ。
価格は37,800円から。

・「FUMI

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ