colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

知ってた? 今年はかまぼこ900年のアニバーサリーイヤー。かまぼこソングで食育イベント

コロカルニュース

posted:2015.5.7  from:新潟県新潟市  genre:食・グルメ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

毎日のように、日本の食卓に登場する「かまぼこ」。
言わずと知れた水産物の練り物ですが、
実は今年2015年は「かまぼこ900年」のアニバーサリーイヤー!
これにあたり、「全国かまぼこ連合会」が
2015年5月19日(火)・20日(水)の二日間にわたり、
新潟県新潟市内の4ヶ所の保育園にて
食育イベント「元気モリモリかまぼこ体操」を開催。
かまぼこのゆるキャラ「カマピー&チックル((かまぼこ&ちくわ)」と
一緒に体操やクイズを行い、親しみながらかまぼこについて学ぶイベントなんだそう。

「元気モリモリかまぼこ体操」開催の様子

さて「かまぼこ900年」というのは、かまぼこ製品が日本の歴史に
初めて登場した記録が、今から約千年前、平安時代の1115年にあったから。
かまぼこは当時パーティメニューだったようで、
古文書の中の祝いの宴会料理のスケッチに記録があるからなんです。

1115年の古文書 関白右大臣の祝宴の膳に初めて登場したかまぼこ(赤丸部分)

Page 2

そしてかまぼこ900年に湧く「全国かまぼこ連合会」に加盟するのは、
北は北海道から南は沖縄まで、日本各地の水産ねり製品(かまぼこ、ちくわなど)の組合54組。
傘下企業数は約1,000社に登るという大組織です。
今回の「元気モリモリかまぼこ体操」が新潟県で開催される理由は、
新潟県は、「カニ風味かまぼこ」の他、紅白かまぼこ、新潟雪国おでんの
新商品開発などにより、現在全国第1位のかまぼこ生産県だからなのだそう。
「げんきモリモリ”かまぼこたいそう”」はYouTubeでも公開されています。

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ