colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

今、団地が面白い!書籍
『団地を楽しむ教科書
暮らしと。』刊行記念トークが
代官山蔦屋で開催

コロカルニュース

posted:2015.3.30   from:東京都渋谷区  genre:アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。

高度成長期に誕生した「団地」。
50年の歴史が経った今、日本全国のあちこちで、
人と空間の新しい関係が生まれています。
書籍「団地を楽しむ教科書 暮らしと。」は、「団地」という存在を
ライフスタイルの視点から見直す本。
監修は、独自の視点で物件の隠れた魅力を掘りおこす「東京R不動産」。
これまで「ノスタルジー」という観点から捉えられがちだった団地に、
いまどきのライフスタイルというアプローチをしているのが新鮮なんです。

撮影=一之瀬ちひろ

団地は、現代の都心での暮らしでは見つけにくい魅力がたくさんあります。
緑豊かな自然環境、公園や商店街、保育園などの周辺施設、
そして住民同士のコミュニティ。
「団地を楽しむ教科書 暮らしと。」では、そんな暮らしの風景を、
平野太呂、一之瀬ちひろ、浅田政志、大沼ショージ、ゆかいら、
たくさんのカメラマンの方が切り取っています。

さて明日2015年3月31日(火)、代官山 蔦屋書店にて
本書の刊行記念トーク 「代官山で考える、団地から始まる暮らしの話」が開催されます!
執筆を手がけた東京R不動産の千葉敬介さん、
カメラマンの平野太呂さん、阿部健さんが登場。
団地の定義や歴史などの「団地の基本」や、カメラマンの視点から
団地の魅力を語ります。実は阿部さんはかつて、
平野さんのアシスタントだったという関係でもあるので、師弟対決も見所。
参加は、代官山 蔦屋書店店頭にて本書をお買い上げいただくか、
イベント参加券(1,000円/税込)をご予約・ご購入いただくことで可能になります。
詳細はこちらから。

撮影=一之瀬ちひろ

Page 2

撮影=白川青史

また、本書の刊行を記念して、同書店の建築・デザイン書フロアに、
東京R不動産の兄弟サイトであり、
内装のための素材・パーツやサービスを扱うWebショップ「tool box」のポップアップショップが出現。
実際に商品を見られる機会はほとんどないのだそう。
かつて同潤会代官山アパートがあった、団地ゆかりの地での団地トークをお楽しみに!

撮影=白川青史

「団地を楽しむ教科書 暮らしと。」トーク
日程:2015年3月31日(火)
会場:蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース
開館時間:19:30~21:00

■書籍「団地を楽しむ教科書 暮らしと。
著者:東京R不動産+UR都市機構
判型:B5版・並製  
総頁:144頁(オールカラー)
定価:本体1,500円+税

Feature  特集記事&おすすめ記事

    Tags  この記事のタグ