colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

「カメリアオーガニック」。沖縄の水と椿の恵みがたっぷりのオーガニックコスメブランド

コロカルニュース

posted:2015.2.18  from:沖縄県国頭郡国頭村  genre:ものづくり / 買い物・お取り寄せ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

沖縄の農園で収穫された椿を使った
オーガニックコスメブランド、「カメリアオーガニック」。
沖縄で生まれた素材を使って、髪や肌本来の力を呼び起こす
製品づくりをしているブランドです。

こだわりの製品の生みの親は、与那国島生まれの田島勝さん。
三十数年、沖縄県の那覇市で理髪師として活躍していた田島さんは、
既存のシャンプーやリンスでお客様の髪が傷んでいくことや、
肌が弱い妻、アトピーに悩む孫たちの姿を見て、
自然の成分を使った人間の髪や皮膚にやさしい製品を作りたいと思いたちます。
「長命草」、「モズク」、「月桃」などを使った製品を作りながら
そして出会ったのが、国頭郡国頭村の山奥にひっそりと生息する椿だったんです。

田島さん

椿に大きな可能性を感じた田島さんは、
国頭にヤブツバキの自社農園を作ることに。
ここは人口約5,000人の小さな村。
栽培から製造、販売までを一貫して国頭で行うことで、
オーガニックの農園を、過疎化が進む村の基幹産業として
確立しようと思い立ちます。
そして農園は、沖縄で初めて「有機JAS」の認定を獲得。
農園で育てた椿で世界に通用するブランドを作ろうと、
「カメリアオーガニック」を創設しました。

Page 2

カメリアオーガニックの大きなこだわりは、使用する水。
国頭村の水は、水分の分子が細かく、ミネラルバランスが良い原水です。
これにより、自社で椿のエキスを配合したハーブ水を作って
製品に使用することが出来るのです。

また、コスメには沖縄名物の果実「シークヮーサー」も使用。
種子の成分を壊さぬように低温で乾燥、コールドプレス製法で
じっくり搾油したオイルを使っています。

カメリアオーガニック「ナチュラルフェイスオイル」3,888円 (税込)

すっきりとした使い心地、深いグリーンの香りで、
女性だけでなく男性にも使いやすい
「カメリアオーガニック」のオーガニックコスメ。
沖縄県内では、デパートリウボウ2F「lalalawalk」、イオン琉球、
サンエー大型店、わしたショップにて。県外では銀座わしたショップ、
わしたイオンレイクタウン(埼玉県越谷)で販売中。
またわしたショップのWebサイトから通信販売可能です。

わしたショップ

Feature  これまでの注目&特集記事

    コロカル商店

    Tags  この記事のタグ