colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

森林ガイドと行く山歩き&ものづくり体験ツアー「YAMAMORI TRAVEL VOL.9」山形県南陽市の里山とぶどう酒工場を舞台に開催!

コロカルニュース

posted:2014.11.2  from:山形県南陽市  genre:食・グルメ / ものづくり

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Kanako Tsukahara

塚原加奈子

つかはら・かなこ●エディター/ライター。茨城県鹿嶋市、北浦のほとりでのんびり育つ。幼少のころ嗜んだ「鹿島かるた」はメダル級の強さです。

11月24日(月・祝)、
山形県南陽市にある十分一山にて、
山の文化や植生を学び、その土地の木を使った
ものづくりを体験するツアー「YAMAMORI TRAVEL」が開催されます。

「YAMAMORI TRAVEL」は、
これからの山や森、
県産材と人の新しいかかわり方を考えていく
「YAMAMORI PROJECT」の一環として
2012年よりはじまったツアー。
これまでに、
米沢市での斜平山散策と笹野一刀彫の絵付け体験や、
西村山郡本道寺地区での登山道散策と西山杉を使ったスツールづくり、
「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2014」のスタディツアーとして、
天童市内の若松寺を舞台にしたツアーや
天童木工の工場見学などを行ってきました。

「YAMAMORI TRAVEL VOL.8 針生平」ツアーにて。白い森交流センターりふれで地元のマタギさんからお話をうかがい、針生平を散策しました

次回のツアーの舞台は、
山形県南陽市の十分一山。

十分一山は地形や気候の関係から、
良質なぶどうを育てるには最高の環境。
当日はぶどう農家であり、
自社園のぶどう100%でワインづくりに取り組む紫金園さんを訪れて
ぶどうづくりのお話をうかがいます。

紫金園さんは、十分一山に5代つづく農園。なんと初代は、十分一山で初となるぶどうづくりに尽力された方だそう。

その後は森林ガイドさんとともに十分一山に登り、森を散策。
お昼は、山の頂上にあるスカイパークでいただきます。
このスカイパークは、パラグライダーの起点にもなっている場所。
眼下に置賜盆地が広がる絶景ポイントです。

そして午後は、サクラ材を使った木工ワークショップに挑戦!
このツアーでしか体験できないような、
盛りだくさんの内容となっています。
山歩きになじみのない方や、
お子さんから参加できるというのもうれしいですね。

山形県は日本一のブナ原生林を持つ森林県。
ところがいま、県産材の需要が減少し、
山に人の手が入らなくなり
森林環境の悪化が進んでいます。
このツアーに参加して、
山や森とのかかわりを深めてみませんか?

YAMAMORI TRAVEL VOL.9 十分一山
日時  2014年11月24日(月・祝)
集合  10:00 紫金園/須藤ぶどう酒工場(山形県南陽市赤湯2836)
解散  16:00 同所
参加料  5,000 円(傷害保険費、ランチ代、体験教室参加費込み)
※12歳以下は3,500円、3歳未満無料
持物  飲み物(1リットルを目安に)、タオル、虫除け、その他各自必要なもの
服装  防寒着、長袖長ズボン、帽子、履きなれた靴
応募  タイトルを「YAMAMORI TRAVEL 9」とし、住所、氏名、年齢、性別、電話番号を
ご記入のうえ、lcs_contact@yahoo.co.jp までお申し込みください。
申込期限 11月10日(月)
募集人数 15 名
※最大 20 名程度まで参加可能ですが、それ以上は抽選となります。 抽選結果は、11 月 11 日(火)にメールでご連絡いたします。
YAMAMORI PROJECT
FACEBOOK

Feature  これまでの注目&特集記事