colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

砂漠で掘り起こされた
古代石ジュエリーに、
藍染の木の器。独創的な
鹿児島職人が東京にやってきた!

コロカルニュース

posted:2013.12.15  from:鹿児島県鹿児島市  genre:ものづくり / アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Maruko Kozakai

小堺丸子

こざかい・まるこ●東京都出身。
読みものサイト「デイリーポータルZ」ライター。江戸っ子ぽいとよく言われますが新潟と茨城のハーフです。好きなものは犬と酸っぱいもの全般。それと、地元の人に頼って穴場を聞きながら周る旅が好きで上記サイトでレポートしたりしています。

できるだけたくさんの人々に
隠れた才能ある人を知ってもらいたい。
あるいは新しい視点を獲得してもらいたい。
そんな想いで東京都港区愛宕に新しくオープンした
“CURATOR’S CUBE”ではいま、
鹿児島で活動をされているジュエリーブランドのsamuloと、
ウッドターナー盛永省治さんの展示会が行われています。

samuloの扱うジュエリー作品は
一つ一つが個性的で、他にあまり見ないような、
かわいらしくも面白いものばかり。
砂漠で掘り起こされた古代の石や銀貨、
19世紀の教会のミサに集まった人々に配られたガラスなど
珍しい素材で作られているそうです。

木工作家の盛永省治さんの今回のテーマは「Blue Work」。
宮崎のAulicoさんという方に藍染めをしてもらった美しいインディゴボウルは
今年1年をかけ試作を重ねてきたという自信の作品です。
それ以外にも約100点、ぬくもりある木工品が並びます。

それぞれの素材を生かしながら、
型にはまらない試みを続けるお二人。
26日までの開催期間中、samuloは12月22日まで、
盛永省治さんは12月16日まで会場にいらっしゃるそうです。
ぜひ鹿児島で活躍されるお二人の作品に触れてみてください!

CURATOR’S CUBE

住所:東京都港区愛宕 1-1-9

Tel:03-6721-5255

Open:12:00 -- 19:00 不定休

samulo(サムロ)

2007年、宮本和昌により設立。鹿児島に直営店をオープン。

2012年、ジュエリーブランド「semeno」もスタート。

http://www.samulo.com

盛永省治(モリナガ ショウジ)

木工作家。1976年生まれ。大工、家具職人を経て、独立。
2007年に鹿児島に工房兼ショップ「Crate」を設立する。
現在はオリジナルの木工品や注文家具を製作している。
Playmountain(東京)、dieci(大阪)、tortoise(ロサンゼルス)など国内外で個展多数。
2012年、高岡クラフトコンペティション奨励賞受賞。

http://www.crate-furniture.net

Feature  これまでの注目&特集記事