colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

魅惑のご当地
カレンダーコレクション。
兵庫県姫路市の「灘のけんか祭り 
特製卓上カレンダー」

コロカルニュース

posted:2013.12.5  from:兵庫県姫路市  genre:暮らしと移住

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

師走ですね。
コロカルニュースでは、お茶の間で台所でトイレで
生活を彩ってくれる、すてきな「ご当地カレンダー」
をじゃんじゃんご紹介していきたいと思っています。

まずは兵庫県姫路市から、「灘のけんか祭り」のカレンダーが登場です。
「灘のけんか祭り」とは、姫路市白浜町の松原八幡神社にて、
毎年10月14日・15日に行われているお祭りのこと。
地元の漢(おとこ)たちが、荘厳なお神輿をかついで練り歩いては
ぶつけあう、大迫力のワイルドなお祭りです!
一番のみどころは、「ヨーイヤサー」の掛け声とともに、
神輿同士が決戦する「練り合わせ」。

「灘のけんか祭り」は、
全国の数ある「けんか祭り」のなかでも最大規模と言われていて、
お祭りの時期になると、市内はもちろん、
兵庫県じゅうからワイルドさに魅せられた
漢たちが集結するのだそうです。

今回ご紹介する「平成26年 灘のけんか祭り 特製卓上カレンダー」は、
けんか祭りに登場するお神輿や練り合わせの模様が月替りで登場いたします。

この作者さんである、「灘のけんか祭りHP」管理人の
有本さんに「灘のけんか祭り、地元の人にとって、
けんか祭りとはどのような存在なのですか?」
と聞いてみたところ、こんなお答えを頂きました。

「この祭りのために1年を過ごしてきています、
昨年の祭りが終わってから、この祭りに向けて準備をすすめ。
正月よりも祭り、盆よりも祭りというのがこの地区での楽しみです。
盆・正月に帰省しない人でも、祭りには帰省してきます。
当日は、屋台を練り上げ、他の地区に負けないように練り競います。
人に見てもらう祭りというよりは、自分たちが楽しめる祭りになっています。」

お祭りへの愛が伝わってくる、
素晴らしいコメントです。
いつかお祭りに行って「ヨーイヤサー」と
叫んでみたいところ。
お祭りは年に一回ですが、カレンダーなら
毎日お祭り気分を味わえますね。
購入は下記Webサイトより。

灘のけんか祭りHP「平成26年 灘のけんか祭り 特製卓上カレンダー」

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ