colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

もうヒラヒラしない!
石川県輪島市の
朴木地屋さんが作った
「蓋付きティッシュケース」

コロカルニュース

posted:2013.9.9  from:石川県輪島市  genre:ものづくり

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

ボックスティッシュから覗いている、
ヒラヒラとしたティッシュペーパー。
これがどうしても気になる、ということで
普段はティッシュが見えない「蓋付きティッシュケース」が作られました。
片手でどちらからも開閉可能。あすなろの木で作られているので、
ティッシュにあすなろの芳香が移る効果もあります。

この蓋付きティッシュケースを作ったのは、
埼玉県川越市在住の手工業デザイナーOji & Design(大治将典)さんと、
石川県輪島市の創業80年を超える朴(ほお)生地屋さん「輪島キリモト」。
朴木地とは漆が塗られる前の木地のことで、普段は
漆の器、小物、家具、建築内装材などを手がけておられるメーカーです。

ティッシュケースは日本橋三越で発売中。
キリモトさんのWebサイトでは漆のコーヒーカップや名刺入れなど
珍しい製品が販売されているので是非チェックしてみてください。

輪島キリモト

Oji & Design(大治将典)

Feature  これまでの注目&特集記事