colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

福岡の「やまや」が
日本パッケージデザイン大賞。
創業者を描く「北海道産原料
きらり辛子明太子」

コロカルニュース

posted:2013.9.4  from:福岡県福岡市  genre:食・グルメ / アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。

ただいま、松屋銀座7階・デザインギャラリー1953において、
「日本パッケージデザイン大賞2013」展が開催されています。
これは、日本パッケージデザイン協会が主催する
同名コンペティションの受賞作品展。
日本のうつくしいパッケージ・デザインが多数紹介されています。

今年、約1,160点の作品から大賞に選ばれたのは、
福岡県のメーカー「やまやコミュニケーションズ」の
「北海道産原料 きらり辛子明太子」。
北海道噴火湾で穫れた希少なスケトウダラの卵を使用した
高級明太子とたらこのセットです。

デザインを手がけたのは広告プロダクションのサン・アド。
「やまや」の創業者である山本夫妻のイメージを、
北海道札幌市出身の挿絵画家・装丁家、蓬⽥やすひろさんが
繊細に描きあげました。

これをさらに木箱で包み、
落ち着いた色調のリボンと社名ロゴシールで封をしてます。
これらによって、新鮮さと、製品にかける製造者の思いを表現しているのだそうです。
もらった人もうれしくなるような、品のある美しいパッケージですね。
受賞展は9月9日まで行われています。

北海道産原料 きらり辛子明太子

第697回デザインギャラリー1953企画展 「日本パッケージデザイン大賞2013」展

やまや クリエイティブスタッフ

クリエイティブディレクター/アートディレクター:大森清史

アートディレクター:島田陽介、徳田祐子、小林昇太

コピーライター:内藤零、公庄仁

営業プロデューサー:坂東美和子、橋本祐樹

Webディレクター:櫻井亮太郎

フォトグラファー:上原勇

書体デザイン:伊比由理恵

Feature  特集記事&おすすめ記事

    Tags  この記事のタグ