colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

家康の好物だった「生せんべい」。愛知県知多半島に焼かないせんべいがある!

コロカルニュース

posted:2013.6.12  from:愛知県半田市  genre:食・グルメ / 買い物・お取り寄せ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

今日のおやつは、愛知県半田市の名物お菓子「生せんべい」。

せんべいのイメージからかけはなれたこのお菓子、
プルプルした生のお餅のような感触で、
主原料は米・黒糖・上白糖・ハチミツのみ。
添加物を一切使わないロハスなお菓子です。

食感はレアな雁月という感じで、
黒糖の甘みとモチモチした食感がとてもおいしいですよ。
名古屋のういろうや京都の生八橋の起源でもあるんだそうです。

このお菓子、実は徳川家康の好物。
桶狭間の戦いで今川義元に加勢した徳川家康がこの地を
訪れた際、お百姓さんの庭先に干してある生せんべいを目にして
「食べたい」と言いました。

そのお家の娘さんは、せんべいが生であることを恐る恐る伝えたのですが、
家康は「生のままでよい」と言って食べてしまいます。
それがすごくおいしかったので、お城に献上させたほど。

生せんべいを作っている総本家田中屋さんのWebサイトに
詳しいストーリーが掲載されているので、是非読んでみてください。

総本家田中屋

Feature  これまでの注目&特集記事

    コロカル商店