colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

販売数79万袋の人気レトルトカレー
〈五島の鯛で出汁をとった
なんにでもあうカレー〉
が体にやさしくリニューアル!

コロカルニュース

posted:2022.4.6  from:長崎県五島市  genre:食・グルメ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。

化学調味料・合成着色料・香料不使用を実現

販売数累計79万袋を突破、長崎県・五島列島の鯛を使用した人気のレトルトカレー
〈五島の鯛で出汁をとったなんにでもあうカレー〉がこの春リニューアルされました。

2017年7月に〈五島の鯛で出汁をとったなんにでもあうカレー〉を発売。
2019年7月に五島牛や五島SPF美豚など
五島の代表的な高級食材を贅沢に使用した、
ワンランク上の〈五島の鯛で出汁をとったプレミアムな高級カレー〉が、
2021年8月には、五島に古くから伝わる
さつまいもを茹でて干した保存食・かんころを使用し
辛さを控えた〈五島の鯛で出汁をとったあまくちのかんころカレー〉が登場し、
多く人に愛されています。

また、食品の製造過程で、加工しづらいなどの理由で規格外品となってしまう
鯛の頭や骨、粗を買い取り、カレーの出汁として使用することで、
食品ロスの削減に取り組んでいるのも特徴。

今回のリニューアルでは、化学調味料・合成着色料・香料の不使用を実現。
昆布ですっきりとした旨みを、シードスパイスで風味を引き出し、
より体にやさしく、深みのある味わいになりました。

〈五島の鯛で出汁をとったなんにでもあうカレー〉プレーン 180g 250円

〈五島の鯛で出汁をとったなんにでもあうカレー〉プレーン 180g 250円

〈五島の鯛で出汁をとったなんにでもあうカレー〉チーズ 180g 380円

〈五島の鯛で出汁をとったなんにでもあうカレー〉チーズ 180g 380円

〈五島の鯛で出汁をとったなんにでもあうカレー〉チキン 220g 480円

〈五島の鯛で出汁をとったなんにでもあうカレー〉チキン 220g 480円

〈五島の鯛で出汁をとったなんにでもあうカレー〉ポーク 220g 540円

〈五島の鯛で出汁をとったなんにでもあうカレー〉ポーク 220g 540円

〈五島の鯛で出汁をとったなんにでもあうカレー〉ビーフ 220g 620円

〈五島の鯛で出汁をとったなんにでもあうカレー〉ビーフ 220g 620円

Page 2

そして、2018年にアジアで優れたパッケージデザインに贈られる賞
〈Topawards Asia〉を受賞したパッケージは、
お客さんの声を反映し、手で簡単にまっすぐ切れる切り口に変更。
店頭に陳列しやすい自立式のスタンドタイプにリニューアルされたほか、
袋の強度を担保しながらさらに薄くなり、
サイズを14×22センチから13×17.5センチへと小型化することで、
CO2や輸送費の削減しつつ、より手に取りやすく、鍋で温めやすくなりました。

化学調味料・合成着色料・香料不使用を実現し、さらにパワーアップした〈五島の鯛で出汁をとったなんにでもあうカレー〉。

さらにパワーアップした〈五島の鯛で出汁をとったなんにでもあうカレー〉。
非常食としても大活躍してくれそうですよね。
購入は、〈ごと株式会社〉のオンラインショップのほか、
一部の〈蔦屋書店〉や〈東急ハンズ〉、〈日本橋 長崎館〉で可能です。

information

ごと株式会社

*価格はすべて税込です。

Feature  特集記事&おすすめ記事

    Tags  この記事のタグ