colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

〈小松マテーレ〉の
工場直販型ファクトリーショップが
石川県能美市にオープン

コロカルニュース

posted:2021.7.14  from:石川県能美市  genre:ものづくり

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。

キーワードは“アップサイクル”

1943年の創業以来、日本を代表する繊維産地である北陸を拠点に、
染色技術を基盤とした繊維加工事業を行ってきた〈小松マテーレ〉。

mono-bo

工場直販型ファクトリーショップ〈mono-bo(モノーボ)〉。

2021年6月、同社は工場直販型ファクトリーショップ〈mono-bo(モノーボ)〉を
本社敷地内にオープンさせました。

fa-bo

ファブリックラボ〈fa-bo(ファーボ)〉

本社内にある建築家・隈研吾氏が設計したファブリックラボ
〈fa-bo(ファーボ)〉の関連施設として、
今回オープンさせた新しいラボをmono-boと命名。

アップサイクルの視点で捉え直したモノづくりを行う新ブランド
〈mate-mono(マテモノ)〉の商品などを販売するスペースを中心に、
小松マテーレの新しいモノづくりの現場を伝える工房などが入った
“サスティナブルなモノづくり”を実践する複合型施設となっています。
ここから時代の変化に応じて、繊維の魅力を多角的に発信していくそうです。

fa-boの繊細で美しい放射状の外観イメージからインスピレーションを得てデザインしたバッグ。カーテン生地の裏面の絶妙な光沢感に着目し、プリーツ加工を施すことで、fa-boの美しい外観を表現。fa-boバッグ 5500円

fa-boの繊細で美しい放射状の外観イメージからインスピレーションを得てデザインしたバッグ。カーテン生地の裏面の絶妙な光沢感に着目し、プリーツ加工を施すことで、fa-boの美しい外観を表現。〈fa-boバッグ〉5500円

マスクインナーの製造過程で発生する裁断切れ端を紐状にカットし、手編みで仕上げた個性的なバッグ。「エアロテクノ」搭載で、抗ウイルス機能が備わっています。あんだバッグ01 3300円

マスクインナーの製造過程で発生する裁断切れ端を紐状にカットし、手編みで仕上げた個性的なバッグ。「エアロテクノ」搭載で、抗ウイルス機能が備わっています。〈あんだバッグ01〉3300円

カシマサッカースタジアムでも使用されている芝生の養生シートとしてつくられたメッシュ素材を、軽くて、プルンとした反発が特徴なシアーバッグに。本来は屋外で使用する生地のため、耐久性もあり。すけるバッグ01 大:3850円、小:3300円

カシマサッカースタジアムでも使用されている芝生の養生シートとしてつくられたメッシュ素材を、軽くて、プルンとした反発が特徴なシアーバッグに。本来は屋外で使用する生地のため、耐久性もあり。〈すけるバッグ01〉大:3850円、小:3300円

無縫製で裁断のロスがなく、縫製工程も省略された伸縮性のあるチューブ状のバッグ。1点ごとに染められる「製品染め」技術で、カラーごとにフレキシブルに生産ができるため、余剰在庫も発生しないそう。のびるバッグ01 3960円

無縫製で裁断のロスがなく、縫製工程も省略された伸縮性のあるチューブ状のバッグ。1点ごとに染められる「製品染め」技術で、カラーごとにフレキシブルに生産ができるため、余剰在庫も発生しないそう。〈のびるバッグ01〉3960円

Page 2

オリジナルショップ〈mate-pla(マテプラ)〉では、
mate-monoをはじめとした100点以上の商品から、
テキスタイルの魅力や可能性を体感することができるでしょう。
2階では、同社の素材を使用したワークウェアやユニフォームも展開。

端材を用いたショッピングバッグ

端材を用いたショッピングバッグ。

店内のディスプレイには、運搬用のパレットや使用済みのドラム缶を再利用し、
プライスタグの紐はマスク製造で出る端材を使用。
買い物をすると、端材を用いたショッピングバッグに入れてもらえます。

mate-labo

体感型工房〈mate-labo(マテラボ)〉。

体感型工房〈mate-labo(マテラボ)〉は、同社の工場で行っている
染色やプリントといった、ファブリックがつくられる工程を体感できる工房。
小型の染色機でバッグをカラーに染めたり、Tシャツにプリント・刺繍を加えるなど、
自分好みのセミオーダーアイテムを生み出すことができます。
ガラス張りの窓からは、モノづくり工程の見学が可能。

mate-café

〈mate-café(マテカフェ)〉。

〈mate-café(マテカフェ)〉は買い物の合間や、
オーダーを待つ際などにくつろげるカフェスペース。
mate-laboに隣接しているため、モノづくり工程も眺められます。

同店で販売されている製品は、こちらから通販も可能です。

information

map

mono-bo(モノーボ)

住所:石川県能美市浜町ヌ168-8(小松マテーレ本社横)

TEL:0120-947-009

営業時間:10:00〜18:00

定休日:火曜日、年末年始、GW、お盆

Web:mono-bo公式サイト

*価格はすべて税込です。

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ