colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

〈長野県立美術館〉が新築オープン。
今夏には〈Mame Kurogouchi〉
10周年記念展も

コロカルニュース

posted:2021.6.15  from:長野県長野市  genre:アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。

自然と歴史の調和がテーマの美術館

全国のアート好きの間でこの春話題にのぼった、
〈長野県立美術館〉の新築オープンのニュース。

信州一の美術館として親しまれてきた〈長野県信濃美術館〉が、
3年弱の年月をかけ、自然に囲まれたガラス張りの美しい
〈長野県立美術館〉へと一新しました。

コンセプトは美術館と自然的・歴史的景観の
調和をうたった「ランドスケープ・ミュージアム」。
「人と自然」を基本テーマに収集・展示が行われるそうです。

設計を担当したのは、建築家の宮崎浩氏。

本館と東山魁夷館をつなぐ連絡ブリッジ

本館と東山魁夷館をつなぐ連絡ブリッジ。

風テラス(屋上広場)

風テラス(屋上広場)。

水辺テラス

水辺テラスの様子。

地下1階から地上3階まである同館は、
近隣の善光寺や城山公園、美術館、神社へなだらかにつながる地形を生かし、
誰もが気軽に立ち寄れる憩いの場としても機能。

善光寺を正面に周囲の山々を見渡せる屋上広場や、
チケットレスで自由に入れる無料ゾーンも併設されています。

屋外常設作品には、
雪研究の第一人者で物理学者・随筆家の中谷宇吉郎さんの娘で
世界的現代アーティスト・中谷芙二子さんの
『霧の彫刻 #47610 -Dynamic Earth Series I-』が。

美術館と自然、霧が調和する幻想的な空間は、
「ランドスケープ・ミュージアム」を象徴する作品として、
さっそく多くの注目を集めているよう。

そのほか、子ども向けワークショップや対話型鑑賞を定期開催。
学校団体向けのプログラム「スクールプログラム」も整備し、
美術による、より豊かな学びをサポートする取り組みも。

県唯一の県立美術館として、多くの期待が寄せられています。

Page 2

〈Mame Kurogouchi〉の10年を観る

2021年6月19日(土)から長野県立美術館で、ファッションブランド〈Mame Kurogouchi(マメ クロゴウチ)〉の単独展覧会がスタート。

同館では、2021年6月19日(土)より、
日本を代表するファッションブランド〈Mame Kurogouchi(マメ クロゴウチ)〉の
美術館初の単独展覧会がスタート。

デザイナー・黒河内真衣子氏の生まれ故郷は長野。

Mame Kurogouchi FW20-21

Mame Kurogouchi FW20-21

2021年6月19日(土)から長野県立美術館でスタートする〈Mame Kurogouchi(マメ クロゴウチ)〉の展示内容。

2021年6月19日(土)から長野県立美術館でスタートする〈Mame Kurogouchi(マメ クロゴウチ)〉の展示内容。

そんな氏のルーツとなる地で開催される
『10 Mame Kurogouchi』と題した本展は、
自身の私小説的とも言えるクリエイションの背後にある
さまざまな諸要素を視覚化し、創作の旅路を紹介します。

デザイナー自身のダイアリー、着想源となった写真やテキスト、
オリジナルテキスタイル、コレクションのアーカイブ……。

普段は見ることができない情報が公にされた展示は、
ブランドの本質が垣間見え、ファンならずとも心を揺さぶられるはず。
お近くにお越しの際は、ぜひ足を運んでみてください。

長野県立美術館(本館・東山魁夷館)のユニフォームも黒河内真衣子が製作。美術館のロケーションがインスピレーションソースとなっており、美術館周辺の雄大な自然と、この地を愛した東山魁夷が描いた深いブルーを着想に、 エレガントなジャケットとドレスをデザイン。ジャケットの首元を飾るスカーフには、長野県の県花・リンドウの刺繍が。

長野県立美術館(本館・東山魁夷館)のユニフォームも黒河内真衣子が製作。美術館のロケーションがインスピレーションソースとなっており、美術館周辺の雄大な自然と、この地を愛した東山魁夷が描いた深いブルーを着想に、 エレガントなジャケットとドレスをデザイン。ジャケットの首元を飾るスカーフには、長野県の県花・リンドウの刺繍が。

information

map

長野県立美術館(旧長野県信濃美術館)

住所:長野県長野市箱清水1-4-4

開館時間:9:00〜17:00(展示室入場は16:30まで)

休館日:毎週水曜日(11/3、2/23は祝日のため開館し、翌日は休館)、年末年始(12/28〜1/3)

観覧料:コレクション展(本館・東山魁夷館 共通)

大人 700円 ※本館コレクション展を開催していない日は一般500円

大学生及び75歳以上 500円 ※本館コレクション展を開催していない日は一般300円

高校生以下又は18歳未満 無料

Web:長野県立美術館公式サイト

 

10 Mame Kurogouchi

会期:2021年6月19日(土)〜8月15日(日)

会場:長野県立美術館 展示室 3

観覧料:一般 500円、高校生以下無料

*価格はすべて税込です。

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ