colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

10月21日締め切り!
富山のシロエビ漁の魅力に迫る
オンライン観光イベントの参加者募集

コロカルニュース

posted:2020.10.19  from:富山県射水市  genre:旅行

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。

「富山湾の宝石」であるシロエビ

富山の多彩な魅力を発信する、オンラインの観光事業
「旅する前に、出会える喜び。Online TOYAMA Travel」

2020年10月30日(金)19:00より、第2弾として行われるのは、
シロエビ漁を行う漁師のみなさんによるトークと、
シロエビを使ったおつまみと地酒を堪能するオンラインイベント。

日本海に生息する800種類の魚介類のうちの500種類が住み、
「天然のいけす」と言われ、水産資源の宝庫である富山湾。

なかでも「富山湾の宝石」と呼ばれるほど透明で美しい
シロエビの漁が操業されているのは、世界で富山湾だけだそう。

富山のシロエビ漁を行う漁師のみなさんは、そんな近年人気が高まる
シロエビを守るため、均等分配をルールとした「プール制」を導入し、
持続可能な漁業を実践したり、
〈富山湾しろえび倶楽部〉という団体を立ち上げ、観光船の運営をスタート。
シロエビの更なる価値創出にあたり、さまざまな取り組みを行っています。

富山湾しろえび倶楽部 富山湾の宝石・シロエビの魅力を全国に発信するため、新湊漁協所属の若手白えび漁業者が立ち上げた団体。シロエビの魅力をアピールしていくと同時に、新湊のシロエビ漁業者が取り組んでいる「プール制」や「自主休漁」などの資源保護を最優先にした漁業形態の取り組みなども発信している。

富山湾しろえび倶楽部 富山湾の宝石・シロエビの魅力を全国に発信するため、新湊漁協所属の若手白えび漁業者が立ち上げた団体。シロエビの魅力をアピールしていくと同時に、新湊のシロエビ漁業者が取り組んでいる「プール制」や「自主休漁」などの資源保護を最優先にした漁業形態の取り組みなども発信している。

Page 2

今回は、そんな〈富山湾しろえび倶楽部〉から
漁師の松本隆司さん、野口和宏さん、縄井恒さんを招き、
実際の漁の様子を動画で流しながらトークが行われる予定です。

また、事前に参加者へ送られる旅のお土産は、
シロエビの上品な甘みが味わえるお刺身に
富山ならではのシロエビの昆布締めと
〈若鶴酒造〉の〈瑤雫(ようのしずく)〉。

籠瀬信幸 文久2年(1862年)創業の若鶴酒造で杜氏を務めている。日本酒造りの様々な行程を経験し、「南部杜氏」「越後杜氏」系の酒造りを学び2013年、杜氏を拝命。2019年の全国新酒鑑評会 にて金賞受賞など数多くの賞を受賞しており、籠瀬杜氏のもと作られた若鶴酒造の日本酒は近年特にその評価が高まっている。

籠瀬信幸 文久2年(1862年)創業の若鶴酒造で杜氏を務めている。日本酒造りの様々な行程を経験し、「南部杜氏」「越後杜氏」系の酒造りを学び2013年、杜氏を拝命。2019年の全国新酒鑑評会 にて金賞受賞など数多くの賞を受賞しており、籠瀬杜氏のもと作られた若鶴酒造の日本酒は近年特にその評価が高まっている。

当日は、地酒をセレクトした〈若鶴酒造〉の杜氏・籠瀨信幸さんによる、
日本酒の楽しみ方のレクチャーもあるのだそう。

地元の人以外は、そう頻繁に食べる機会の少ない富山のシロエビ。
そんな富山の名産を、現地の漁師のみなさんのエピソードをうかがいつつ、
地酒と共に味わえるとは、なかなか貴重な機会です。
締め切りは10月21日(水)正午となっているので、気になる方はお早めに。

information

「旅する前に、出会える喜び。Online TOYAMA Travel」
Travel 2. 自然×海の幸×お酒 世界でここだけの「シロエビ漁」を担う若き漁師たちとの出会い

日時:2020年10月30日(金)19:00~21:00

中継会場:水辺の民家ホテル〈ウミネコ〉

旅の案内人:松本隆司、野口和宏、縄井恒(富山湾しろえび倶楽部)、籠瀨信幸 (若鶴酒造 杜氏)

旅のお土産:シロエビ刺身 70g・シロエビ昆布締め 70g(鷲北水産加工)+若鶴酒造「純米大吟醸 瑤雫50 中汲み」(720ml)

参加人数:20名 ※応募者多数の場合は抽選

参加費・参加方法:3000円

※Zoomを使ったオンラインイベントになりますので、端末とネット環境をご用意ください。

申し込み方法:https://www.online-toyama.jp/

締め切り:10月21日(水)正午

主催:富山県

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ