colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

〈チャプター〉
日本茶を日常的に嗜む
ニュースタンダードな湯飲み

コロカルニュース

posted:2020.8.31  from:岐阜県美濃加茂市/多治見市  genre:買い物・お取り寄せ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Kanae Yamada

山田佳苗

やまだ・かなえ●島根県松江市出身。青山ブックセンターやギャラリースペース、ファッション・カルチャー系媒体などを経て、現在フリーのライター、編集者として活動中。まだまだ育ち盛り、伸び盛り。ファッションと写真とごはんが大好きです。

〈チャプター〉のクレイベージュ。心地よい穏やかな色合いが好感です。

日常のもっと「いいひと区切り」をこの湯飲みから

なかなかアクティブな外出が難しく、気分の晴れない毎日が続きます。
みなさんそれぞれが工夫を凝らした日々を送ってらっしゃるかと思いますが、
そのひとつとして、身の回りのプロダクトを一新してみるのはいかがでしょう?

「日常に、小休止を。」をテーマに掲げる
日本茶ブランド〈美濃加茂茶舗〉から発売される湯呑み〈チャプター〉。
日本茶を飲む行為が、日々の営みに「いいひと区切り」をもたらす
新たな習慣となることを願った、リモートワーク時代のニュータイプな湯飲みです。

お茶を飲む時はこのようなスタイルで。

お茶を飲む時はこのようなスタイルで。

「ひとりデスクで煎茶を飲む」。その行為に最適なプロダクトにすべく、
創業100年以上の老舗、岐阜県多治見市にある〈丸朝製陶所〉と、
クリエイティブユニット〈TENT〉とともに考案しました。

繭のようなコロンとスマートな容器は、
上の蓋をひっくり返すと、そのまま茶葉のティーパック置きに。
湯飲みの内側を見ると、湯の適量を示す線が入っており、
いつでもおいしいお茶が飲める仕様となっています。
そして使わない時は蓋をしてコンパクトに収納が可能。

また、丸朝製陶所が誇る高温処理製法「多治見締め」により、
素地なのに汚れに強く、頑丈で100年も使うことができます。

Page 2

左から、クリアグレー、マットブラック、クレイベージュ。思わずスベスベしたくなる、艶やかな佇まい。

左から、クリアグレー、マットブラック、クレイベージュ。思わずスベスベしたくなる、艶やかな佇まい。

スタイリッシュさを加重するカラーリングは、
土に含まれる鉄分と透明釉薬が反応してできた繊細な 「クリアグレー」。
ざらつきのある「マットブラック」。
多治見締めを用いた「クレイベージュ」。
この唯一無二の3色で、お茶を飲むひとときがより滋味深いものに。

【限定セット】「CHAPTER」1個+ティーバッグ2種セット 6300円(税込)

【限定セット】「CHAPTER」1個+ティーバッグ2種セット 6300円(税込)

現在、こちらのクラウドファンディングサイト、Makuakeにて予約がスタートしたばかり。
上記のセット以外にさまざまなものがあり、
ほぼすべてに早割が適応されるので、お早めにチェックを。

いつもの茶飲み時間をより質の高いものに。
〈チャプター〉は、その一手となるプロダクトに違いありません。

information

CHAPTER(チャプター) 

Feature  これまでの注目&特集記事

    コロカル商店

    Tags  この記事のタグ