colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

希少種〈モルー〉100%の
〈エキストラバージンオリーブオイル
トルトサ〉を限定販売

コロカルニュース

posted:2019.2.21  from:岡山県瀬戸内市  genre:食・グルメ / 買い物・お取り寄せ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Saki Ikuta

生田早紀

いくた・さき●インディペンデントな広告会社『ココホレジャパン』の新米アシスタント。生まれも育ちもド田舎の27歳。やばい芋ねえちゃんとして青春時代を過ごす。その野暮さは現在も健在! さりげなく韻を踏むことが生業です。

オンラインショップや直営店などで販売。箱入りで1本3000円(税抜)から。

今年も〈エキストラバージンオリーブオイル トルトサ〉
(以下、トルトサ)が、2月21日から
数量限定で販売となります! 早い者勝ちです。

オリーブオイル通をうならせる〈トルトサ〉の香りはまさに青リンゴ。
フルーティな味わいが特徴です。

一方では、オイルの旨味を担うほろ苦さや爽やかな辛味も適度にあり、
バランス感覚の優れたオイルに仕上がっています。

〈モルー〉が育つ畑

〈モルー〉は、「とがったくちびる」を意味している。

原料である希少種〈モルー〉は、
世界一のオリーブ生産国・スペインのカタルーニャ地域で栽培。
そのトルトサ市で伝統的に親しまれてきた品種です。

収穫されたオリーブ

今年は約10トンのオリーブオイルを収穫。

特にこだわっているのは、〈モルー〉の甘みを生かす
「最適熟度」で収穫し、そこから8時間以内に搾油をすること。
一般的なオリーブオイルは、収穫から24時間以内に
搾油されることが多いのですが、そのスパンが短い〈トルトサ〉は
フレッシュさがより際立つ仕上がりに。

次のページ
〈トルトサ〉をつくったのは、あの企業

Page 2

〈ヘスス村 エブロ川河口流域オリーブオイル品評会〉受賞

〈ヘスス村 エブロ川河口流域オリーブオイル品評会〉での受賞歴もあり。

こちらの〈トルトサ〉をつくったのは、
岡山県瀬戸内市牛窓にある〈日本オリーブ株式会社〉。
「暮らしの中に、オリーブを」をモットーに、オリーブの栽培や
基礎研究を行い、80品目以上の化粧品や食品を販売しています。

〈日本オリーブ株式会社〉の自社農園

自社農園には、約3100本のオリーブの木が生えている。

カタルーニャのトルトサ市には自社農園を所有。
毎年スタッフが現地に足を運び、収穫・搾油に励むそう。
地域で伝統的に栽培されている品種を守りながら、
高品質で安心できる商品を、わたしたちの食卓にもたらしてくれています。

カタルーニャ風舌平目のソテー

カタルーニャ風舌平目のソテー

そんな〈トルトサ〉は、やさしい滋味を感じる食材同士と
引き立てあうので、貝、魚、イカ、エビなどとの相性が抜群。
一家に一本は取り揃えておきたいオリーブオイルです。

ぜひ今年の〈トルトサ〉も、存分にお楽しみください。

information

エキストラバージンオリーブオイル トルトサ

価格:1本箱入り(450g)3,000円|2本箱入り(450g×2)6,000円|180g 1,500円

※価格はすべて税別。180gは今年度からの試験販売品

製造者:日本オリーブ株式会社

発売日:2019年2月21日(木)

現在、発送が2月末~3月初めの予定となっています。

購入可能店舗:岡山県牛窓町〈牛窓オリーブ園〉内にある売店〈オリーブショップ〉、岡山県下の百貨店など

オンラインショップ:https://www.nippon-olive.co.jp/

注文専用TEL:0120-300-612(平日 9:00〜18:00、土曜 9:00〜17:00、日祝は休み)

Feature  これまでの注目&特集記事

    コロカル商店

    Tags  この記事のタグ