colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

苦うま! 幻の柑橘、
〈淡路島なるとオレンジ〉を味わう
新名物土産〈島ビスケ〉

コロカルニュース

posted:2018.12.18  from:兵庫県あわじ市  genre:食・グルメ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。Twitter

約300年前に淡路島で発見された固有種オレンジ

兵庫県・淡路島で採れる〈淡路島なるとオレンジ〉は、
今から約300年前に淡路島で発見された固有種。
爽やかな酸味とほろ苦さが特徴ですが、今では希少種に。
そんな淡路島なるとオレンジを使ったビスケット、〈島ビスケ〉が新発売!

淡路島なるとオレンジ

これが〈淡路島なるとオレンジ〉

今や生産者不足により、“幻の柑橘”と呼ばれる淡路島なるとオレンジ。
〈島ビスケ〉では、そんななるとオレンジを贅沢に使用しました。
お値段は20個入りで600円(税抜)です。

島ビスケ

島ビスケ

〈島ビスケ〉には、2種類の味のビスケットが入っています。
ひとつは、淡路島なるとオレンジの果皮を入れて、
特有の爽やかな酸味とほろ苦さを最大限に引き出した、オレンジ味。
もうひとつは、淡路島の海水と海藻で作った藻塩を使用した、塩チョコビスケット。

粉の入った袋にビスケットをいれてシャカシャカ

粉の入った袋にビスケットをいれてシャカシャカ

さらに、淡路島なるとオレンジの果皮を粉末にし、
独自の配合で作った魔法の粉が入っています。
粉の入った袋にビスケットをいれてシャカシャカすると、あら不思議! 
おいしさがパワーアップしちゃうんです!

次のページ
絶滅の危機に直面する淡路島なるとオレンジ

Page 2

淡路島なるとオレンジ

淡路島なるとオレンジ

生産者と加工業者

生産者が少なく、また後継者不足により
絶滅の危機に直面している淡路島なるとオレンジ。
現在この貴重な資源を守る取り組みが、淡路島内で行われています。

「ほろ苦さと豊かな香りを活かした土産菓子を作ることで、
魅力を多くの人に知ってもらいたい」という思いから生まれた〈島ビスケ〉。
あわじしまの〈道の駅うずしお〉〈うずの丘大鳴門橋記念館〉のほか、
島ビスケ公式サイトでは、通信販売も行っています。

あふれる淡路島愛とともに召し上がれ!

information

淡路島ビスケット 島ビスケ

内容量:20個入り(各10個)

価格:600円(税抜)

販売場所:道の駅うずしお(兵庫県南あわじ市福良丙947-22)、うずの丘大鳴門橋記念館(兵庫県南あわじ市福良丙936-3)

Web:島ビスケ公式サイト

通販ページ:淡路島ビスケット 島ビスケ

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ

    Recommend