colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

京都発・ボリュームたっぷりの
生クリームどら焼き
〈ぱふぇどら〉東京初登場

コロカルニュース

posted:2018.7.30  from:京都府  genre:食・グルメ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。

どらやきの中にパフェが入ってる?! 京都発・ボリュームたっぷりの
生クリームどら焼き〈ぱふぇどら〉が、この夏、東京に上陸。
池袋・西武百貨店にて2018年8月2日(木)~8月12日(日)まで
開催される「IKESEI菓子博」に期間限定で出店します。

苺(宇治抹茶クリーム)

苺(宇治抹茶クリーム)

苺(生クリーム)

苺(生クリーム)

一番人気は、苺の〈ぱふぇどら〉。
宇治抹茶クリームと生クリームの2種類からクリームを選ぶことができます。
甘さひかえめのクリームと、北海道産の小豆を使用したあんこ、
苺の甘酸っぱさが合わさった美味しさはクセになります!

宇治抹茶黒蜜

宇治抹茶黒蜜

そしてこの夏、新たに登場した新メニューは、
京都らしい〈ぱふぇどら 宇治抹茶黒蜜〉。
宇治抹茶クリームにあんこ、黒蜜をかけた白玉のもっちりとした食感がアクセントに。

とろ〜りショコラバナナ

とろ〜りショコラバナナ

料金はいずれも500円(税込)です。
〈ぱふぇどら〉のつくりては、京都の老舗和菓子屋の新ブランド〈まるにあん〉。
2018年の3月に嵐山でオープンして以降、若い女性や観光客を中心に大きな反響を呼び、
Instagramを始めとするSNSでも大きな話題となっています。

次のページ
〈まるにあん〉とは?!

Page 2

まるにあん

〈まるにあん〉とは、京都の老舗和菓子屋〈京菓子司 都〉が生んだ新しいブランド。
全国菓子大博覧会にて裏千家「茶道家元賞」を受賞したり、
天皇陛下御買い上げの歴史を持つ老舗です。

まるにあん

こちらは、〈まるにあん〉の京都らしい家紋のロゴ。
家紋の丸の中の二本線はどら焼きの皮を、
緑色は嵐山の竹林と宇治抹茶を、三つの黒い丸は小豆(餡)を表し、
全体でどら焼きの形をイメージしています。お店の情報は、公式FacebookなどのSNSにて。

information

map

まるにあん

住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町3-25

TEL:075-611-5825(京菓子司 都 都食品有限会社)

営業時間:11:00~16:00(天候により営業時間短縮あり)

定休日:無休 ※天候により休業の場合あり

Web:公式Facebook

Feature  特集記事&おすすめ記事

    Tags  この記事のタグ