colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

〈あおもり生プリン〉
たまごの黄身をあとのせ!
塩カラメルソースで味わう
新食感プリンが誕生

コロカルニュース

posted:2018.6.28  from:青森県青森市  genre:食・グルメ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Yu Miyakoshi

宮越裕生

みやこし・ゆう●神奈川県出身。大学で絵を学んだ後、ギャラリーや事務の仕事をへて2011年よりライターに。アートや旅、食などについて書いています。音楽好きだけど音痴。リリカルに生きるべく精進するまいにちです。

プリンの決め手は、おいしくて新鮮なたまご。
2018年7月1日、なんと生たまごの黄身をプリンにのせて食べる
新しいスタイルのプリン〈あおもり生プリン〉が発売されます。

あおもり生プリン

あおもり生プリン

このプリンを手がけたのは、青森の厳選素材を使用した
スイーツをつくっているお菓子メーカー〈ナチュール青森〉。
そのナチュール青森が青森のミルクと卵のおいしさを最大限に引き出すために
たどり着いたのは、低温でゆっくりと加熱したプリン生地に、
たまごの黄身をそのままのせて食べるという食べ方。
これにはプリン好きもびっくりです!

〈あおもり生プリン〉の楽しみ方

1. 〈田子たまご村〉のたまご「緑の一番星」を割って黄身だけを取り出し、
生プリン生地の上にのせます。

2. 特製塩カラメルソースをかけます。

特製塩カラメルソースの量はお好みで。

特製塩カラメルソースの量はお好みで。

3. 黄身をつぶして、プリン生地と特製塩カラメルソースを混ぜながら召し上がれ。

濃厚な旨みがお口に広がります。

濃厚な旨みがお口に広がります。

次のページ
その日の温度や湿度に合わせて、ひとつひとつ手づくり

Page 2

あおもり生プリン

ナチュール青森では、お客さんから
「もっと青森の食材の美味しさを感じられる、
斬新で安心な商品がほしい」という声が寄せられたことがきっかけで
〈あおもり生プリン〉の開発を始めたのだそう。

牛乳は新郷村ふるさと活性化公社(青森県新郷村)の「間木ノ平の薫りたつ牛乳」、
たまごは田子たまご村(青森県田子町)の「緑の一番星」、
カラメルの塩は駒嶺商店(青森県風間浦町)の「津軽海峡の塩」を使っています。

また、素材のおいしさを最大限に引き出すため、
素材は無添加にこだわっているのだとか。防腐剤も使っていません。
独自の製法により14日間保存できるというのも驚きです。(冷蔵10℃以下)

あおもり生プリンは、一つひとつ手づくり。
温度や湿度の微妙な違いや、季節による素材の味の違いによって
仕上がりが大きく変わってくるため、手づくりが一番いいのだそうです。
たまごとプリンとカラメルソースが溶け合う、いままでにないおいしさ。
ぜひ食べてみたいですね!

information

map

あおもり生プリン

詰合せ内容:プリン生地4個、塩カラメル4個、鶏卵4個

原材料:プリン生地:牛乳、クリーム(乳成分を含む)、鶏卵、砂糖、バニラビーンズ/カラメル:砂糖、塩

販売価格:1箱2,480円

TEL:017-765-1857

販売開始日:2018年7月1日

製造・販売:ナチュール青森

製造場所:青森県青森市佃二丁目22-33

Web:あおもり生プリン

Feature  これまでの注目&特集記事

    Tags  この記事のタグ