colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

〈「毎日が絶景」プロジェクト in 五島列島〉
写真で伝える五島列島の
美しさと力強さ。
東京で写真展を開催中

コロカルニュース

posted:2018.6.13  from:長崎県  genre:アート・デザイン・建築

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

九州の最西端にある五島列島は、
福江島、若松島、中通島、久賀島、奈留島、小値賀島、宇久島など
有人無人約150の島からなる列島です。
「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界遺産候補となった、
江上天主堂(奈留島)、旧野首教会(小値賀島)などの教会群や、
「長崎から1万円・1時間半で行けるハワイ」と評されるほどの海の美しさも魅力です。

その五島のすばらしさを誰よりもわかっている五島在住のプロアマ写真家、
約20名が、「地元の人が日々目にしている風景こそ、
かけがえのない絶景である」というコンセプトのもと、
フォトガイドブックを制作。
その出版を記念して、6月14日(木)まで、
東京・銀座の〈Basement Ginza〉にて、
写真展『光あまねく五島 A holy sunny day in GOTO』が開催されています。

福江島(五島市)で活躍するカメラマン・廣瀬健司さん。元警察官という異色の経歴の持ち主。

福江島(五島市)で活躍するカメラマン・廣瀬健司さん。元警察官という異色の経歴の持ち主。

五島市在住の写真家・廣瀬健司さんが、
この写真で表現したのは、毎年お盆に行われる念仏踊り
「チャンココ」(福江島・下大津町)のひとコマ。
地元の青年団の人たちが、先祖などを供養する
ためにエキゾチックでカラフルな衣装に身を包んで踊ります。

新盆を迎えた家や檀家さん、お墓やお寺を回って、十何軒目。
お盆の最終日、バケツをひっくり返した
ような激しい夕立のあと、疲れきった踊り手の汗の匂い、
ムンとした湿度、立ち上る線香の匂い……。
この島に住む廣瀬さんにしか撮れない独特な風景がありました。

福江島に伝わる念仏踊り「チャンココ」。懐かしい太鼓や鉦(かね)の音が聞こえてきそうです。

福江島に伝わる念仏踊り「チャンココ」。懐かしい太鼓や鉦(かね)の音が聞こえてきそうです。

5月に行われる三井楽教会の聖母祭の様子を撮った1枚。マリア像を乗せたみこしを担ぎ、
祈りながらその地区内を回ります。

5月に行われる三井楽教会の聖母祭の様子を撮った1枚。マリア像を乗せたみこしを担ぎ、
祈りながらその地区内を回ります。

「毎日が絶景」PROJECT in 五島列島には、2018年6月時点で、
下五島と上五島を含め、上田浩一さん、浦上純人さん、大坪昇平さん、
角谷和明さん、片山徹也さん、川口浩さん、神田伸正さん、宿輪忠雄さん、
永井響さん、中里陽道さん、中山亜紀さん、中山正寿さん、橋本賢太さん、
廣瀬健司さん、福井康弘さん、山内翼さん、山口正江さん、
山野眞一さん、山脇正剛さん、若松充さん、@Polardadyさんら21人の写真家が参加しています。

「毎日が絶景」PROJECT in 五島列島に参加している写真家さんたち(一部)

「毎日が絶景」PROJECT in 五島列島に参加している写真家さんたち(一部)

2017年11月にプロジェクトが始動して以来、写真家だけでなく、地元の高校生、
島外の五島出身者たち、五島を愛するインフルエンサーが次々に共感。
クラウドファンディングは目標金額の118%を集め、5月10日「五島の日」に
フォトガイドブック『みつめる旅』創刊号が完成しました。

次のページ
フォトガイドブック『みつめる旅』創刊号

Page 2

〈「毎日が絶景」プロジェクト in 五島列島〉のフォトガイドブック『みつめる旅』。

〈「毎日が絶景」プロジェクト in 五島列島〉のフォトガイドブック『みつめる旅』。

地元の人が胸を張っておすすめする、「見ずには死ねない絶景」
を見せようじゃないか!と五島の絶景が集まりました。
実は、下五島から上五島まで五島列島全体の写真家が一体となって、
ひとつのプロジェクトとして協働するのは今回が初なのだとか。

現在、東京・銀座で開催されている
写真展『光あまねく五島 A holy sunny day in GOTO』初日のレセプションでは、
五島の写真家・廣瀬健司さんも来場。
五島を愛するプロジェクト・サポーターたちと会話に花を咲かせました。

創刊号は「春夏」をテーマにした一冊となりましたが、
次号では「秋冬」をテーマにした写真を掲載していく予定です(創刊時期未定)。
まだ五島を訪れたことのない人の胸も打つほどの感動を届けて、
ムーブメントを起こすような一冊を届けられれば、
とこれからもプロジェクトは継続していきます。

かけがえのない暮らしの美しさ、島民の息遣いが聞こえるほどの
力強さを感じられる写真たちに魅入ってみてはいかがでしょうか?

『みつめる旅』創刊号はこちらのオンラインショップで購入できます。

6月18日(月)からは池袋・ジュンク堂書店での開催も予定されています。

写真展『光あまねく五島A holy sunny day in GOTO』

写真展『光あまねく五島A holy sunny day in GOTO』

information

map

写真展『光あまねく五島A holy sunny day in GOTO』

会期:2018年6月1日(金)〜14日(木)11:00〜21:00(最終日は18:00まで)

会場:Basement Ginza(東京都中央区銀座4丁目3−5  Ploom Shop 銀座店 B1F)

URL:毎日が絶景プロジェクト in 五島列島 Facebookページ

『みつめる旅』創刊号

Feature  注目情報&特集記事「日本のクリエイティブ」

Recommend