colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

〈にわのわ アート&
クラフトフェア・チバ〉
作家とまち一体で盛り上げる
千葉随一のクラフトフェア

コロカルニュース

posted:2018.5.29  from:千葉県佐倉市  genre:ものづくり

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

2018年6月2日(土)3日(日)、千葉の佐倉城址公園にて
〈にわのわ アート&クラフトフェア・チバ〉が開催されます。

これは「千葉に暮らす私たちが、千葉という土地に巡りあわせた
つくり手との縁を大切にしたい」という思いから始まったクラフトフェア。
2012年にスタートし、2017年は2日間で約21,000人を動員。
いまでは千葉を代表するイベントのひとつになりました!

にわのわの出展者は、公募により選出されます。
今年は〈みんげい おくむら〉の奥村忍さんや、フードデザイナーのモコメシ/小沢 朋子さん、
〈fripon-friponne〉主宰の柳崎優子さんらが選考委員となり、
アート分野からは4組、陶磁器31組、ガラス9組、木工・漆11組、皮革8組、
染織・布8組、金属4組、アクセサリー4組など、総勢96組を選出しました。

木のうつわやはちみつスプーン

お弁当箱

参加作家は陶芸家の笹本雅行さん+竹内陽子さん(LIVINGSTONE STUDIO)、
平沢崇義さん(すゑもの亀屋)、安田裕康さん(焼締陶 六地蔵窯)、
ガラス作家の沖澤康平さん、左藤玲朗さん、相馬佳織さん、
木工・漆作家の藤井健一さん、岡野達也さん、
インテリアモビールを手がける大岡真奈さん(ヒンメリのおか)などなど。

また、ごはん部門も充実しています。
〈キレド〉による野菜のファーストフードとお菓子、
〈たけおごはん〉による揚げ物・惣菜・おやつ、
〈Craquelin〉のフランス伝統菓子(6/2のみ)、
食の情報誌『ちばのへそ』発行している〈Slow Food Trip〉の
地産地消サンド(6/2のみ)などが楽しめます。

FOOD×PICNIC SPACE 看板

次のページ
ワークショップテント〈もののわ〉と城下町を楽しむ〈まちのわ〉も開催!

Page 2

ワークショップテントの飾り

ワークショップテント〈もののわ〉は「ものを永く大切に使うための
工夫から生まれる美しさ、楽しさ、喜びを共有できたら」
という思いからスタートしたワークショップ企画。
穴の空いてしまった服を修繕する「カラフルサーニング」や
革靴やかばんをよみがえらせる方法などを体験できるそう。
参加を希望される方は、直接もののわテントへ。

ワークショップの様子

会場となる佐倉城址公園は、江戸・明治期からの面影を忍ばせる、
市民の皆さんの憩いの場。
さらにお隣には「歴博」こと〈国立歴史民俗博物館〉も!
原始・古代から近代まで、日本の歴史と文化を人々の
「暮らし」という視点からフォーカスするユニークな博物館です。

さらに当日は京成佐倉駅から会場までの城下町を楽しんでほしいと
〈まちのわ〉も同時開催。
新町通りをメイン会場に、まちのわステージやキッチンカー、ワークショップなどが楽しめます。
ぜひお出かけになってみてくださいね。

会場に設置されたポスト

information

map

つながる ひろげる 手しごとのわ にわのわ アート&クラフトフェア・チバ

開催日:2018年6月2日(土)、3日(日)※雨天決行・台風などの荒天の場合のみ中止

時間:10:00〜16:00

会場:佐倉城址公園

住所:千葉県佐倉市城内町 佐倉市城内町

アクセス:京成本線「佐倉」駅徒歩20分/JR「佐倉」駅から徒歩25分/東京駅より高速バス 約1時間30分

※専用駐車場はございません。公共交通機関の利用にご協力ください。くわしくはこちら

※雨天決行。荒天の場合のみ中止

入場料:300円 (小学生以下無料)

主催:にわのわ アート&クラフトフェア・チバ実行委員会

Web:にわのわ Facebook まちのわ

Tags  この記事のタグ

Recommend