colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

〈THE CHIKURA
UMI BASE CAMP〉目の前は海!
千葉にみんなで料理を楽しむ
宿泊施設がオープン

コロカルニュース

posted:2018.5.28  from:千葉県南房総市  genre:旅行 / 食・グルメ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

2018年6月25日(月)、千葉県南房総市に〈THE CHIKURA UMI BASE CAMP
ザ・チクラ・ウミ・ベース・キャンプ〉がオープンします!

こちらは「料理が好き」「新鮮な食材を持ち込んで料理したい」
という方におすすめの宿泊施設。
どのお部屋も、みんなでキッチンを囲み、
料理しながら食事を楽しめる設計になっています。

全長8メートルの豪華なキッチン

全長8メートルの豪華なキッチン

シンプルでモダンなデザインのA棟。定員:4名(最大定員5名)利用料:50,000円〜(税別)

シンプルでモダンなデザインのA棟。定員:4名(最大定員5名)利用料:50,000円〜(税別)

ナチュラルなデザインのB棟。定員:4名(最大定員5名)料金:90,000円〜(税別)

ナチュラルなデザインのB棟。定員:4名(最大定員5名)料金:90,000円〜(税別)

最高なのは、ロケーション。目の前は海という立地に、
全長8m以上のオープンキッチンを備えた
いろんなタイプの宿泊棟が並んでいます。

BASE CAMP外観

BASE CAMP外観

風呂

THE CHIKURA UMI BASE CAMPのある千倉町は、
千葉南屈指のサーフポイント、千歳のすぐとなり。
また、房州海老(房州産伊勢海老)をはじめ、
四季折々の食材に恵まれた土地なのだとか。
道の駅で食材を仕入れ、快適なキッチンで料理できます。

設備も充実。IHコンロはもちろん、ビルトインコンロや鉄板鍋焼きプレート、
グリルプレート、ガスグリラー、うどんやパンづくりに必要な備品、
食器、調味料まで揃っています。
食器はすべて土に還るECO食器〈Eco Sou Life〉を使用しているそう。

熱々の料理を囲み、みんなでごはん。

熱々の料理を囲み、みんなでごはん。

キャンピングカーのレンタルも!

キャンピングカーのレンタルも!

次のページ
食事の時間をていねいに、贅沢に過ごしてほしい

Page 2

壁一面の窓に広がるパノラマビュー

壁一面の窓に広がるパノラマビュー

こちらでは、四季折々の楽しみ方ができるのが魅力。
海辺でランチをしたり、キャンピングカーを借りて好きな場所でピクニックをしたり、
冬は暖炉を囲んでゆっくり過ごしたり。
もちろん、サーフィンやサイクリングも楽しめます。

暖炉を囲んでリラックスタイム

暖炉を囲んでリラックスタイム

THE CHIKURA UMI BASE CAMPの願いは、慌ただしい日々のなか、
おろそかになっていた食事の時間をていねいに、贅沢に過ごしてもらい、
食べるという行為がもたらす幸せを実感してもらいたい——ということなのだとか。

利用料は最大5名入れるお部屋が50,000円(税別)から、
一番大きいお部屋は150,000円(税別・最大定員10名)から。
予約は公式サイトにて受付中です。
今年の夏は千葉で過ごそうと思っているみなさん、ぜひチェックを!

管理棟には代官山蔦屋書店がセレクトした本が並んでいます。

管理棟には代官山蔦屋書店がセレクトした本が並んでいます。

information

map

THE CHIKURA UMI BASE CAMP

住所:千葉県南房総市千倉町白子2521-6

車でのアクセス:東京から:約1時間40分。首都高→浮島JCT→東京湾アクアライン→木更津JCT→館山自動車道・富津館山道路→富浦IC/横浜から:約90分。首都高→浮島JCT→東京湾アクアライン→木更津JCT→館山自動車道・富津館山道路→富浦IC ※富浦ICより→国道→房総フラワーライン→海岸方面へ→SOUTH BIRD INNを目印にクランクして小道へ

バス・電車でのアクセス:東京駅高速バス(南房総千倉行)→館山でJR内房線に乗り換え、千歳駅で下車 ※内房線「千歳駅」より徒歩8分

設備:IHコンロ/ビルトインコンロ/鉄板鍋焼きプレート/グリルプレート/キッチン水栓/シンク/ガスグリラー/冷蔵庫/冷凍庫/調味料/食器、カトラリー類/その他貸出設備

開業日:2018年6月25日(月)

Web:THE CHIKURA UMI BASE CAMP Facebook

Feature  注目情報&特集記事「日本のクリエイティブ」

Recommend