colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

〈星野リゾート OMO5 東京大塚〉
オープン! 徹底的に「まち」を
楽しむホテルが誕生

コロカルニュース

posted:2018.5.12  from:東京都豊島区  genre:旅行

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

まちと連携し「旅」を提供する、星野リゾートの新ブランド〈OMO5〉

都営荒川線が走るレトロな街並みに、
活気ある商店街のある東京都豊島区の大塚。
このたび、JR山手線大塚駅から徒歩1分の場所に、星野リゾートの観光ホテル
〈星野リゾート OMO5 東京大塚(おもふぁいぶ)〉
がオープンしました。

〈OMO〉は、〈星のや〉〈界〉〈リゾナーレ〉に続く、星野リゾートが
展開する4つ目のブランド。まちと連携し「部屋」ではなく
「旅」を提供するという、新しいコンセプトのホテルです。

旅行者とローカルがつながる「OMOベース」

旅行者とローカルがつながる「OMOベース」

OMOが目指すのは「まちと連携して都市観光を満喫し、旅のテンションを上げるホテル」。
この「OMOベース」は街歩きが楽しくなる、さまざまな仕掛けが詰まったパブリックスペース。
開放的なロビーラウンジや、カフェタイム・バータイムと、
時間を問わずカジュアルに使えるOMOカフェ、
スタッフが厳選したスポットをマッピングした縦2m×横3mの
巨大なご近所マップなど、都市観光の拠点となる空間が用意されています。

スタッフが厳選したスポットをマッピングしたご近所マップ

ご近所マップ

19平米程度の小さな客室の中に、コックピットのような多機能性を合わせ持った「YAGURA Room」

YAGURA Room

また客室もこだわっています。
デザインを手掛けたのは、建築デザイナーの佐々木達郎さん。
このホテルの客室の最大の特徴は、19平米程度の小さな客室の中に、
コックピットのような多機能性を合わせ持った「YAGURA Room」。

やぐら寝台と名付けたヒノキ材の高床式ベッドを中心に、
立体的で多機能な家具により、様々な工夫が仕掛けられています。
日本で古くから人々に愛されてきた木材や畳、色彩など、
日本的な寛ぎのかたちを取り入れた空間です。

次のページ
好奇心旺盛な都市観光旅行者のための“Go-KINJO”

Page 2

Go-KINJOは大塚のディープな魅力に飛び込む体験を提供するサービス

Go-KINJO

そして“Go-KINJO”は、大塚のディープな魅力に飛び込む体験を提供するサービス。
ホテルにこもらず、どんどん街にでかけてもらうために、
ホテルから徒歩圏内の「まち」を深く知り、エキサイティングなコトや
ファンティスティックなモノに触れ、街に溶け込むことをサポートします。

「ご近所専隊 OMOレンジャー」「ご近所MAP」「街探索のおすすめコース案内」
「ご当地ワークショップ」の4つのコンテンツで構成されており、
大塚のディープな魅力に飛び込む体験を提供してくれるのだとか。

グランドオープン前日に行われたOMOパーティーの様子

グランドオープン前日に行われた“OMOパーティー”

宿泊費は2名1室で1名あたり7,000円から。
のんびり路面電車のベルが響く、ノスタルジック東京を体験してみてはいかがでしょうか?
詳細・ご予約は公式サイトより。

information

map

星野リゾート OMO5 東京大塚

住所:東京都豊島区北大塚2-26-1

TEL:0570-073-022(星野リゾート予約センター 受付時間 9:00~20:00)

宿泊料金:7,000円~(2名1室利用時の1名あたり/税・サービス料込)※東京都宿泊税が掛かる場合あり

Web:公式サイト

Feature  注目情報&特集記事「日本のクリエイティブ」

Tags  この記事のタグ

Recommend