colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

大人気
〈よなよなエール
大人の醸造所見学ツアー〉
今年も開催!

コロカルニュース

posted:2018.5.10  from:長野県  genre:食・グルメ

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

〈よなよなエール〉や〈インドの青鬼〉、〈水曜日のネコ〉など、
個性的なクラフトビールで人気の〈ヤッホーブルーイング〉が、
人気のイベント〈よなよなエール 大人の醸造所見学ツアー〉を今年も開催!
公式通販サイト「よなよなの里 本店」にて、
2018年5月21日(月)19時から予約受付を開始します。

よなよなエール 大人の醸造所見学ツアー

今年の〈よなよなエール 大人の醸造所見学ツアー〉の開催は、
2018年6月30日(土)~10月8日(月・祝)の期間の土日祝日が中心。
造り手が施設内を案内し、見学とビールのテイスティングを通して
クラフトビールの魅力を体験できるツアーです。
これまでに累計1万人が参加し、体験者アンケート満足度94%(※)という
人気イベントなんです!

 

※7段階評価の上位2段階の合計値

クラフトビールの魅力を体験できるツアー

ビールの原材料「麦芽」「ホップ」「酵母」「水」の
役割について造り手が解説。実物を手に取って

立ちこめる蒸気、仕込室全体に満ちた麦芽の甘い香り

〈よなよなエール 大人の醸造所見学ツアー〉では、
職人が働く生の現場をご案内。
立ちこめる蒸気、仕込室全体に満ちた麦芽の甘い香り、
熟成するための低温環境など、クラフトビール造りの現場を肌で感じることができます。
見学後には5種類以上のビールを試飲できる、
本格的なテイスティングも!

ビールの原材料を見て触れて味わう

ビールの原材料を見て触れて味わう

まずは、ビールの原材料「麦芽」「ホップ」「酵母」「水」の
役割について造り手が解説。実物を手に取り、
香りをかいだり実際に食べてみることで、
ビールの原材料について楽しみながら学んでいきます。

設備を間近に見ながらビールの醸造工程を学ぶ

設備を間近に見ながらビールの醸造工程を学ぶ

続いては、クラフトビールが造られる順序に沿って、
実際に職人が働く醸造所の中をご案内。
ガラス越しではないため、ボイラーの熱気や発酵中のビールの甘く華やかな香り、
そびえたつ巨大なタンク、ビールが熟成される低温環境…など、
現場ならではの臨場感を肌で感じることができます。

タンク直だし!できたてのビールを試飲

タンク直だし!できたてのビールを試飲

見学だけでなく、普段は職人しか味わうことのできない、
タンクから直接注がれた熟成中のビールを飲むことができます!
どんなビールが飲めるかは、その日によってのお楽しみ。
できたての新鮮なビールは、普段ご家庭やお店で飲むビールとは
また一味違うのだそう。

5種類以上のビールを本格テイスティング

5種類以上のビールを本格テイスティング

最後はお待ちかねのテイスティング!
〈ヤッホーブルーイング〉の定番製品の他、軽井沢エリア限定販売の
レアビールなど5種類以上をご用意。スタッフが、色・味・香りに注目した。
本格ティスティング方法を伝授してくれます。

次のページ
宿泊プランもあり

Page 2

当ツアーに参加したお客さま限定の宿泊プランの利用も可能

宿泊プラン

もっと軽井沢を堪能したい!という方のために、
連携する軽井沢の宿泊施設にて、当ツアーに参加した
お客さま限定の宿泊プランの利用も可能。
「class vesso 西軽井沢」と「くつかけステイ 中軽井沢」での
二つの宿泊プランから選べます。
それぞれ地元で使える商品券や、ヤッホーブルーイングの4種のビールと
それらに合わせたおつまみを楽しめる「よなよなペアリングセット」などの
特典がつきます。

工場見学の模様

ヤッホーブルーイングの4種のビールとそれらに合わせたおつまみを楽しめる「よなよなペアリングセット」などの特典がつく

ガラス越しでないクラフトビール造りの現場に潜入できる本ツアー。
参加料金は1000円(税込)、完全予約制。
未成年者の入場はできません。
お申込みや開催日程などの詳細は、公式サイトにて。

information

「よなよなエール 大人の醸造所見学ツアー」

住所:長野県佐久市小田井1119-1

開催日程:6月30日(土)〜10月8日(月祝)までの土・日・祝のうち指定日

開催時間:1日4回、所要時間約100分、各回 定員20名

見学料金:1,000円(税込) ※完全予約制、成年以上

URL:公式サイト

Feature  注目情報&特集記事「日本のクリエイティブ」

Tags  この記事のタグ

Recommend