colocal コロカル マガジンハウス Local Network Magazine

連載の一覧 記事の検索・都道府県ごとの一覧
記事のカテゴリー

news

『Sun miの傘展』
元気な柄がかわいい!
日本の職人さんがつくった
アフリカンバティックの傘

コロカルニュース
vol.2394

posted:2018.5.5  from:東京都世田谷区  genre:ものづくり

〈 コロカルニュース&この企画は… 〉  全国各地の時事ネタから面白情報まで。
コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。

writer profile

Yu Miyakoshi

宮越裕生

みやこし・ゆう●神奈川県出身。大学で絵を学んだ後、ギャラリーや事務の仕事をへて2011年よりライターに。アートや旅、食などについて書いています。音楽好きだけど音痴。リリカルに生きるべく精進するまいにちです。

東京・自由が丘にある日本の“かっこいいもの”を揃えた
お土産やさんkatakana(カタカナ)にて、
毎年恒例の〈Sun mi(サンミ)の傘展〉が開催されています。
お店に並ぶのは、目にも鮮やかなアフリカンバティックを使った傘たち。

目にも鮮やかなアフリカンバティックを使った傘

元気な柄がかわいい

デザインや生地の買いつけなどはSun mi代表の淵上さん、
傘本体は大阪〈傘工房 えいきち〉の傘職人・平下榮吉さん、
ボタンは神戸の陶芸家・土末(どすえ)さんが手がけています。
見ているだけで元気になれそうな傘です!

目にも鮮やかなアフリカンバティックを使った傘

日傘(45センチ)晴雨兼用傘(45センチ、50センチ、60センチ)価格帯1万2,900円〜2万円

日傘(45センチ)晴雨兼用傘(45センチ、50センチ、60センチ)価格帯1万2,900円〜2万円

傘のタイプは、日傘と晴雨兼用傘があります。
こんな元気な柄で太陽を下を歩くのもいいですね。

次のページ
ふつうのお土産さんではありません。katakanaが考える日本の魅力とは?

Page 2

katakana 自由が丘店

katakana 自由が丘店

katakanaが考える日本の魅力とは、
「日本の伝統文化と外国から取り入れた文化が融合したおもしろさ」なのだそう。
店名には、そんな思いが込められています。

お店に並ぶのは、宮本工芸のあけびのかごや波佐見焼のうつわなどといった日本のいいものから、
若手作家がつくるブローチや〈ASAHIシューズ〉の幻のジャパンモデル、富士山グッズなどなど。
つくり手の思いが込められた、オリジナリティあふれるプロダクトがいっぱいです。

mature ha.(マチュアーハ)の帽子

mature ha.(マチュアーハ)の帽子

StitchandSew(ステッチアンドソー)のお財布

StitchandSew(ステッチアンドソー)のお財布

アフリカンバティックのがま口

Sun miの傘展は2018年5月18日(金)まで。
傘のほか、アフリカンバティックのがま口や扇子、スリッパなども並びます。
ぜひチェックしてみてくださいね。

アフリカンバティックのスリッパ

アフリカンバティックの傘

information

map

Sun miの傘展

開催日:2018年4月27日(金)〜5月18日(金)

時間:11:00〜20:00

会場:katakana 自由が丘店

住所:東京都世田谷区奥沢5-20-21 第一ワチビル1F

TEL:03-5731-0919

定休日:不定休

Web:katakana Facebook

Feature  注目情報&特集記事「日本のクリエイティブ」

Tags  この記事のタグ

Recommend